イワヨモギ  岩蓬
[中国名] 白莲蒿 bai lian hao
[英名] Russian wormwood, Gmelin's wormwood
[学名] Artemisia sacrorum Ledeb.
Artemisia gmelinii auct. non Weber ex Stechm.
Artemisia gmelini Weber ex Stechm. var. gmelini
Artemisia iwayomogi Kitam.
キク科 Asteraceae (Compositae)  ヨモギ属
三河の植物観察
イワヨモギの花序
イワヨモギの花
イワヨモギの枝先
イワヨモギの葉裂片
イワヨモギ
イワヨモギの葉
 北海道の在来種であるが、日本全土に帰化している。三ヶ根山の林道に群生していた。大きくなると、半低木化する。葉は卵形、2~3回羽状に全裂する。頭花は大きな円錐花序につき、淡黄緑色、直径約3㎜の球形。痩果は無毛、直径約1.5㎜、冠毛はない。2n=18,36,54(北海道)
 ウラジロヒメイワヨモギ Artemisia gmelinii var. incana =Artemisia freyniana. form. discolor は葉裏に白毛が密生する帰化種。中国名は灰莲蒿 hui lian hao
 ヒメイワヨモギ Artemisia gmelinii var. messerschmidiana= Artemisia messerschmidiana =Artemisia freyniana.は葉の両面に灰色~黄色の毛がある帰化種。中国名は密毛白莲蒿 mi mao bai lian hao 。
[花期] 9~10月
[草丈] 50~200㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 堤防、林道
[分布] 帰化種  北海道、朝鮮、中国、ロシア、モンゴル、インド、ネパール、パキスタン、中央アジア
[撮影] 三ヶ根山  05.8.20
TOP Back