イワショウブ  岩菖蒲
[別名] ムシトリセキショウ
[学名] Triantha japonica (Miq.) Baker
Tofieldia japonica Miq.
チシマゼキショウ科 Tofieldiaceae イワショウブ属
三河の植物観察
イワショウブの花
イワショウブの花
イワショウブの花横
イワショウブ果実裂開後
イワショウブの苞と小花柄
イワショウブの花茎
イワショウブ
イワショウブの花後
イワショウブ果実
イワショウブ葉
 チシマゼキショウ科はユリ科から分割された。チシマゼキショウ属 Tofieldia とする見解もある。愛知県の準絶滅危惧種。葦毛湿原のイワショウブは植生回復作業により増え、木道から見やすくなった。亜高山帯の湿原では夏から見られるが、葦毛湿原での花期は9月中旬以降。
 地下茎は短く、根茎は分岐して斜上する。葉は2列につき、基部は2つ折りになって内側の葉を挟み、長さ10~30㎝、幅3~6㎜、剣状線形、葉縁はざらつく。花茎は長さ20~70㎝、中央付近に小形の線形葉を1~2個つけ、頂部の総状花序に花を多数つける。花茎の上部や花柄に腺状突起があり、粘る。総状花序は長さ3~10㎝。苞は卵形~披針形、鋭頭。苞腋に3(ときに2)個ずつ花をつける。花被片は6個、白色~わずかに淡紅色、長さ5~7㎜の長楕円形、先は円形。雄しべ6個。雌しべ1個、花柱3個。蒴果は卵状楕円形、熟すと乾き、3裂開する。種子は一端に尾状の突起物がある。
[花期] 8~10月
[草丈] 20~70㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 湿原
[分布] 在来種(日本固有種)  本州
[撮影] 葦毛湿原 15.10.14
TOP Back