イチヨウラン  一葉蘭
[学名] Dactylostalix ringens Reichb. fil.
ラン科 Orchidaceae  イチヨウラン属
三河の野草
イチヨウランの花
イチヨウランの葉
イチヨウラン
 和名は葉が1枚だけつくことに由来する。
 根茎は年に1節ずつ伸び、節から太根を出す。葉を1個だけつけ、花茎を直立し、基部に膜質の鞘状葉がある。葉は卵円形、長さ約5㎝。花は茎頂に1個だけつき、幅約4㎝。側花弁及び萼片は同形の黄緑色の線状披針形、紫色の斑点がつく。側花弁は斜上し、萼片は下向きになる。唇弁は3裂し、左右はかなり小さく、円頭で立ち、中裂片は白色に紫色の斑紋がつき、倒卵形、大きく広がり、基部に2個の隆起線がある。花粉塊は4個。蒴果は倒卵形。
[花期] 5~7月
[草丈] 10~20 ㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の林内、林縁
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、千島列島
[撮影] 段土山付近 06.5.14
TOP Back