イタチササゲ  鼬ささげ
[中国名] 大山黧豆 da shan li dou .
[学名] Lathyrus davidii Hance.
マメ科 Fabaceae  レンリソウ属
三河の植物観察
イタチササゲの蕾
イタチササゲの花
イタチササゲの花拡大
イタチササゲ
イタチササゲ葉
 和名は花が黄褐色になることをイタチの毛の色にたとえたもの。葉は互生し、偶数羽状複葉で、小葉は4 ~8 個つき、先に巻きひげがある。小葉は長さ4 ~8㎝、幅1.5~4.5㎝の楕円形~卵形で、裏面は粉白色。長さ約1.5㎝の花が総状につき、初め黄色で、後に黄褐色に変化する。豆果は長さ8 ~10㎝になり、ササゲに似ている。1つの豆果の種子は10個程度。
[花期] 7~8月
[草丈] 60~180㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山野の向陽地
[分布] 在来種  本州、九州、朝鮮、中国、ロシア
[撮影] 蓼科高原  03.8.8
TOP Back