イスノキ  柞、蚊母樹
[別名] ヒョンノキ
[中国名] 蚊母树 wen mu shu
[学名] Distylium racemosum Sieb. et Zucc.
マンサク科 Hamamelidaceae  イスノキ属
三河の植物観察
イスノキの花
イスノキの花粉を出した後の花
イスノキの大きな虫えい
イスノキの果実
イスノキ裂開した果実
イスノキの幹
イスノキ
イスノキ花期
イスノキ葉表
イスノキ葉裏
イスノキ葉の虫えい
 材が非常に硬く、箸、そろばん玉、木刀などにに使われ、灰は釉薬として利用される。乾燥にも強く、よく生垣として植えられている。神社や公園に植栽されることも多く、三河地域では豊橋公園の城近くに幹まわり3.6mの巨木がある。
 幹は直立し、淡褐色。枝や冬芽には褐色の星状毛がある。葉は互生し、革質、全縁、無毛、長さ4~9㎝の長楕円形、鋭頭、基部は楔形。はじめは葉裏にも星状毛がある。葉柄は長さ5~10㎜程度。葉にイスノキコムネアブラムシやイスオオムネアブラムシなどの虫えいができやすい。大きな虫えいを笛にして吹く音から、ヒョンノキとも呼ばれるという。雌雄同株。葉腋の円錐花序の先部に両性花、下部に雄花をつける。花柱は2個、紅色、角状にのび、星状毛がある。雄しべは5~8個、葯が紅色で美しく、花粉を出した後は黒くなってしまう。果実は蒴果、長さ7~10㎜の広卵形、先端に角状に花柱が残り、黄褐色の星状毛が密生し、熟すと2裂する。花期にも2裂した果実が残っている。種子は長さ5~7㎜、黒色、光沢がある。
[花期] 4~5月
[樹高] 5~20m
[生活型] j常緑高木
[生育場所] 林内
[分布] 在来種 本州(関東以西)、四国、九州、沖縄、朝鮮(済州島)、中国、台湾
[撮影] 豊橋市  06.6.1
TOP Back