イソトマ  
[中国名] 流星花 liu xing hua
[英名] rock isotome , showy isotome
[学名] Isotoma axillaris Lindl.
Laurentia axillaris (Lindl.) E.Wimm.
Lobelia fleuryana Gaudich.
キキョウ科 Campanulaceae  イソトマ属
三河の植物観察
イソトマの蕾
イソトマの花
イソトマの花横
イソトマの葉
イソトマ
イソトマ葉表
 イソトマは小さな星形の青色系の花を咲かせるイソトマ属の園芸種の総称。イソトマ属は世界に約12種あり、オーストラリアとニュージーランドに分布し、主に栽培されるのはイソトマ・アクシラリス(Isotoma axillaris)であり、這ってマット状になるイソトマ・フルビアティリス(Isotoma. fluviatillis)や両者のハイブリッドの園芸品種も多い。多年草であるが、日本では普通、冬に枯れ、一年草として扱われている。旧属名はローレンティア属(Laurentia)とされていたため、ローレンティアとも呼ばれる。花の色は、青色や藤色のほかに白色、ピンク色、紫色などもある。
 ホシアザミ Hippobroma longifloraは白色の星形の花をつけ、イソトマとも呼ばれる。よく似ているが大型で、花が白色でやや大きく、柔毛が多い。
[花期] 5~10月(真夏は花が無くなる)
[草丈] 20~40㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 園芸種
[分布] 帰化種  オーストラリア原産
[撮影] 豊橋市  15.5.20

 イソトマ属

  Familia: Campanulaceae - Subfamily: Lobelioideae- genus Isotoma

 1年草又は多年草、乳液をもち、直立又は匍匐し、根茎があり、多数、分枝し、細かい毛があるか又は無毛、明瞭な直根があり、ときに枝に不定根をもつ。葉は互生、歯状又は様々に分裂し、まれに全縁、しばしいば、葉柄があり、枝では無柄になる。花は単生、腋生、又は頂部の総状花序につき、両性又は単性で雌雄異株、花序柄があり、苞は葉状。咢は短筒形、咢片がある。花冠は、わずかに左右相称のみ、先に切れ込みがある(±)。花冠裂片はほぼ等形、水平に開き、基部は非常に短い斜めの鐘形。下部の3裂片にはしばしば目立つ斑紋がある。雄しべは花冠の中間以上又は花冠筒部の頂部付近に融合する。下側の葯は小さく、剛毛や頂部の毛束がある。上側の3葯はわずかに長く、先が下側の葯の上に曲がって下がる。花糸は上部で融合し、葯は花柱の周りに融合する。子房は下位又は半下位、2室。花柱は細く、先がわずかに膨れ、多少、毛があり、柱頭はほとんど2裂しない。果実はつぼ形又は円錐形の蒴果であり、2バルブ、咢片の中で、胞背裂開又は非裂開。種子は多数、小さい。 2n=14,28。
 世界に約12(14)種があり、オーストラリア、ニュージーランド(2種)、ニューギニア(1種)に分布する。
【イソトマ属の種】
 Isotoma anethifolia , Isotoma armstrongii , Isotoma axillaris , Isotoma baueri , Isotoma fluviatilis , Isotoma gulliveri , Isotoma hypocrateriformis , Isotoma luticola , Isotoma petraea , Isotoma pusilla , Isotoma rivalis(Lobelia ionantha ) , Isotoma scapigera , Isotoma sessilifolia , Isotoma tridens

 イソトマ属の主な種

 1  Isotoma anethifolia Summerh.
 オーストラリア原産。多年草、高さ40㎝以下、茎は直立、束生、無毛~短毛がある。葉は外形が楕円形~倒卵形、長さ6~10㎝、幅6~50㎜。葉身は羽状全裂、分裂しない部分は幅1~2㎜。裂片は線形、幅0.5~2㎜、鋭形、ときに歯状。花は葉腋に単生。苞や小苞は早落性。花序柄は長さ4~13㎝。咢片は長さ3~8ミリ。花冠は普通、白色、ピンク色や藤色のぼかしがある。花冠ん筒部は長さ10~20㎜。花冠裂片は長さ10~15㎜幅2~5㎜、長卵状披針形。下側の葯には1本の長い剛毛と少しの短毛がある。子房は下位、倒円錐形、長さ2~3㎜。蒴果は楕円形~倒円錐形、長さ5~17㎜。花期は10~5月(南半球)。
 2  Isotoma armstrongii E.Wimm
 オーストラリア原産。葉は無柄、線形~狭披針形、縁は全縁~わずかに歯状、長さ0.5~3.5㎝、幅1~3㎜。花冠は長さ20㎜より短い。
 3  Isotoma axillaris Lindl.
 オーストラリア原産。英名はAustralian harebell , rock isotome , showy isotome。
 多年草、直立又は斜上し、高さ50㎝以下。茎はしばしば紫色を帯び、短毛がある。葉は外形が卵形~倒卵形、長さ1.5~15㎝、幅0.5~5㎜、葉身は羽状中裂 ~±羽状全裂 、分裂しない部分があり、分裂しない部分は幅1~10㎜、ほとんどが幅3~5㎜。裂片は±線形、鋭形、縁はしばしば歯状。花は葉腋に単生。花序柄は長さ3~17㎝。咢片は長さ3~8㎜。花冠は明るい青色~藤色、まれにピンク色、白色、ときにのど部が黄色~白色~帯緑色、花冠筒部は長さ15~35㎜。花冠裂片は長さ8~18㎜、長楕円状楕円形。下側の葯には先に1個の大きな剛毛と少数の短毛がつく。子房は下位、倒円錐形、長さ3~7㎜。蒴果は半球形~倒円錐形、基部が斜め、長さ7~18㎜。花期は9~5月(南半球)。
 品種) Astro Blue = 'Lauraxblu' (PBR) , Astro White = 'Lauraxwhit' (PBR) , Beth's Blue® , ‘Blue Hope Hida’, 'Blue Star' , 'Fairy Carpet' , 'Indigo Stars' , 'Lauraxwhit' (PBR) , 'Pink Star' , 'Sumlau 01'
 4  Isotoma fluviatilis (R.Br.) F.Muell.
   synonyms: Laurentia fluviatilis (R.Br.) E.Wimm.
 オーストラリア原産。英名はswamp isotome , blue star creeper。
 多年草、茎は平伏し、節から根を出し、しばしばマット状になり、普通、有毛ときに無毛。葉は長さ4~12㎜、幅2~8㎜、長楕円形~楕円形~±線形、又は基部の葉は卵形~倒卵形、縁は±全縁~円鋸歯状~歯状。短葉柄又は上部の葉は無柄。花は単生、腋生、両性又は単性。花序柄は普通、長さ5~30㎜。萼片は長さ1~1.5㎜。花冠は白色~淡青色、縁に、濃青色の部分があり、下側の裂片の基部近くは黄色。花冠筒部は長さ2~7㎜。花冠裂片は長さ2~8㎜、長楕円形、ほとんどが鋭形、等形に近く、斜め。上側の2裂片は分離し、かなり下へ下がる。葯は±無毛、下側の2個はそれぞれ先に1個の剛毛と数個の小さい剛毛がる。子房は下位、倒円錐形、雌花で長さ3~4㎜、雄花では長さ<1㎜。蒴果は倒円錐形~倒卵形、わずかに非対称、長さ3~6㎜、直径約3㎜。花期は晩春~夏(南半球)。
品種) ‘Avant-garde’, 'Blue Fairy' , 'Blue Star Creeper'
 5  Isotoma petraea F.Muell.
 オーストラリア原産。多年草、高さ40㎝以下、しばしば、密な茂みになり、枝は上向き又は斜上、無毛。葉は倒披針形~楕円形、長さ1.5~7.5㎝、幅5~55㎜、先は鋭形、縁は歯状又は分裂。葉柄は茎の下部で長さ4~11㎜。花は葉腋に単生。苞や小苞は早落性。花序柄は8~25㎝。咢片は長さ5~12㎜。花冠は強い2唇形、白色又は±青紫色を帯びる。花冠筒部は長さ5~13㎜、強い縞模様があり、淡緑色。花冠裂片は長さ15~30㎜、長楕円状倒披針形、尖鋭形。下側の葯は先に1本の剛毛と短毛の束がある。子房は半下位、円筒形、長さ5~13㎜。蒴果は±楕円形、ほとんどうねは無く、長さ10~22㎜。花期は通年、主に5~12月(南半球)。
 6  Isotoma tridens (E.Wimm.) Lammers
   synonyms: Hypsela tridens E.Wimm.
 オーストラリア原産。平伏し、マット状になり、節から根を出す。葉は長楕円形~楕円形、長さ1.5~8㎜、幅0.5~3㎜、縁は歯状まれに全縁、細かい毛がある。葉柄は極短いか又は無。花は単生。花序柄は長さ2㎝以下。萼片は長さ0.5~1.5㎜、密に細かい毛がある。花冠は長さ4~9.5㎜、白色、ときに藤色を帯び、無毛~まばらに細かい毛がある。花冠筒部は長さ2~5㎜。花冠裂片は±等形、長さ2~5.5㎜。花糸は長さ5㎜以下。下側の葯には先に短い1本の剛毛がある。子房はこま形。果実は非裂開、楕円形~球形、長さ1.5~3㎜、宿存する萼片を被る。花期は11~5月(南半球)。
 6  ホシアザミ(セッコウソウ 雪香草) Hippobroma longiflora (Linnaeus) G. Don,
   synonyms: Isotoma longiflora (Linnaeus) C.
   synonyms: Lobelia longiflora Linnaeus
   synonyms: Lobelia longiflora Linnaeus
 ジャマイカ原産。英名は Star of Bethlehem 。多年草、観賞用に栽培され、世界の熱帯、亜熱帯に広く帰化している。樹液は皮膚につくと炎症を起こす有毒物質を含み、目に入ると失明のおそれがある。イソトマ属とされていたこともあり、イソトマと呼ばれることがある。
 茎は直立し、高さ9~35㎝、1本又は基部で分枝し、無毛又は先で柔毛が多い。葉は無柄又は短柄。葉身は長さ7~16㎝、幅1~3.7㎝、倒披針形又は楕円形、無毛ときにまばらに柔毛があり、基部は漸尖、先は鋭形又は尖鋭形。花柄は長さ3~10㎜、密に柔毛がある。花冠は白色、花冠筒部は長さ6.5~10㎝、柔毛があり、全縁。花冠裂片は楕円形~狭楕円形~線形、長さ1.8~2.5㎝。花托筒は鐘形、倒円錐形~楕円形、長さ6~9㎜、密に柔毛がある。咢片は線形、長さ8~19㎜、柔毛があり、縁は小歯状。葯筒は長さ約7㎜。蒴果は倒円錐形~鐘形~広楕円形~倒卵形、長さ11~15㎜、幅8~12㎜、密に柔毛がある。種子は淡褐色~赤褐色、広楕円形、先細の円柱形又は扁平、長さ約0.7㎜、表面は網状。2n = 28
 6  Isotomaハイブリッド
 'Avant-garde Blue'F1 Hybrid , 'Avant-garde Pink'F1 Hybrid , 'Fairy Footsteps' , 'Gemini Pink' , 'Megastar Pink' , 'Sapphire Star' , 'Tristar Deep Blue' F1 Hybrid , 'Tristar Pink'


 参考

1) PlantNET - NSW FloraOnline - Plant Name Search
  Isotoma
  http://plantnet.rbgsyd.nsw.gov.au/cgi-bin/NSWfl.pl?page=nswfl&lvl=gn&name=Isotoma
2) Flora of Victoria VicFlora
  Isotoma
  https://vicflora.rbg.vic.gov.au/flora/taxon/59d5063d-c187-4bc5-b09d-ce5ca92ea438
TOP Back