イソノキ  磯の木
[中国名]

长叶冻绿 chang ye dong lü

[学名] Rhamnus crenata Sieb. et Zucc.
クロウメモドキ科 Rhamnaceae  クロウメモドキ属
三河の植物観察
イソノキの花
イソノキの赤い果実
イソノキの黒い果実
イソノキ葉裏
イソノキの紅葉
イソノキの幹
イソノキ
イソノキ花序
イソノキ果期
イソノキ葉
 幹は灰褐色で、淡褐色の皮目があり、縦に裂け目が入る。葉は互生し、長さ6~12㎝の長楕円形で、先がとがる。葉の縁には細かい鋸歯がある。葉脈は深く、裏面に隆起し、側脈の先が葉の縁に沿って曲がる。花は両性。集散花序に黄緑色の小さな花をつける。花が少し開くだけで、花弁が萼片より小さく、萼ばかりが蕾のようである。果実は直径約6㎜の球形の核果、赤~紫黒色に熟す。
[花期] 6~7月
[樹高] 2~4m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 湿地、山地のやや湿った場所
[分布] 在来種 本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、カンボジア、タイ、ラオス、ベトナム
[撮影] 西尾市(花)    12.7.5
豊田市(果実)  07.8.27
TOP Back