イイギリ  飯桐
[別名] ナンテンギリ 南天桐
[中国名]

山桐子 shan tong zi

[英名] iigiri-tree
[学名] Idesia polycarpa Maxim.
ヤナギ科 Salicaceae  イイギリ属
三河の植物観察
イイギリの果実
イイギリの花後
イイギリの葉
イイギリの幹
イイギリの樹皮の皮目
イイギリ
イイギリ枝先も葉
 イイギリ科 Flacourtiaceae とされていることもある。
 樹皮は灰白色、平滑、円形の褐色の皮目がやや横に連なり、多数ある。枝はわずかに有毛又は無毛。葉は互生し、枝先に車軸状につき、葉柄は赤色を帯び、普通長く、長さ(4)10~20㎝、基部はやや膨れ、葉身との境に腺体が2個つく。葉身は長さ(8)10~20㎝、幅8~20㎝の広卵形、薄い革質、先は鋭く尖り、基部は浅い心形~切形。葉表は濃緑色、ほぼ無毛。側脈は約6対、葉の基部から放射状に5(~7)本の脈がある。葉裏は粉白色、脈腋に白色の毛がある。縁には浅い鋸歯がある。雌雄異株ときに雌雄同株の雑居性。円錐花序は有毛、長さ(13)20~30㎝、枝先につき、垂れ下がる。花は黄緑色、単性、小さく、多数つき、小花柄は長さ1~1.5㎝、苞は披針形、長さ3~10㎜、縁に鋸歯があり、花序の先ほど短くなる。花に小さな蜜腺をもち、芳香があり、花弁は無い。雄花は雌花よりやや大きく、直径12~16㎜、雄しべは多数つき、長さ5~6㎜、花糸の下半部に毛がある。雄花の萼片は5~6個つき、長さ5~6㎜、幅2~3㎜の卵形~披針形、淡緑色。雌花は直径約9㎜、萼片は長さ4~5㎜、幅約2.5㎜、雄しべは退化して小さく、花柱は(3)5~6個、長さ0.5~2㎜。柱頭は直径0.5~1㎜。子房上位、子房は球形。液果は直径8~10㎜、無毛、赤色(紫赤色~橙赤色)に熟す。種子は長さ2~3㎜、広卵形、赤褐色~紫褐色。
 ウラゲイイギリ var. vestita は日本、中国に分布し、葉裏の全体に軟らかい白毛がある。
  var. fujianensis 中国、福建省に自生し、中国名は毛叶山桐子( mao ye shan tong zi )。葉身は長さ6~7㎝、幅4~5㎝、葉裏は全体に軟らかい白毛がある。葉柄は長さ2~3㎝。
 シロミイイギリ form. albobaccata は果実が白色の品種。
[花期] 4~5月
[果期] 10~11月
[樹高] 10~15(20)m
[生活型] 落葉高木
[生育場所] 山地のやや湿気のある場所
[分布] 在来種 本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾
[撮影] 新城市  15.5.27
TOP Back