イガホオズキ  毬酸漿
[中国名] 日本散血丹 ri ben san xue dan
[学名] Physaliastrum echinatum (Yatabe) Makino
ナス科 Solanaceae  イガホオズキ属
三河の植物観察
イガホオズキの枝先
イガホオズキの花後
イガホオズキの果実
イガホオズキ茎
イガホオズキ
イガホオズキ葉表
イガホオズキ葉裏
 茎は柔らかく、まばらに分枝する。葉は互生し、長さ4~12㎝、幅3~6㎝の卵形~広卵形、柔らかい。葉の基部は細くなり、葉柄と続く。花は葉腋に下向きに1~4個つき、長柄があり、垂れ下がる。花冠は直径約1㎝の広鐘形、淡黄白色、先が浅く5裂する。萼は直径3~5㎜、軟毛が密生する。萼は花後に肥大し、液果をほとんど包み、刺状の突起があり、直径約13㎜の球形になる。雄しべは花冠より短く、長さ約6㎜。液果は萼から頭の一部だけ見え、直径約10㎜の球形、白色に熟す。
[花期] 6~8月
[草丈] 50~70㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の林内
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、ロシア
[撮影] 豊田市  13.9.11
TOP Back