イブキボウフウ  伊吹防風
[学名] Libanotis ugoensis (Koidz.) Kitag. var. japonica (H.Boissieu) T.Yamaz.
Seseli libanotis (L.) W..D.J. Koch subsp. japonica (H.Boiss.) Hara
Libanotis coreana auct. non (H.Wolff) Kitag.
セリ科 Apiaceae (Unbelliferae)  イブキボウフウ属
イブキボウフウ花
イブキボウフウ花
イブキボウフウ総苞片
イブキボウフウ葉
イブキボウフウ
 全草有毛で、茎はよく分枝する。葉は2~3回3出複葉、長さ5~30㎝。小葉の先は細かく切れ込み、無柄。小葉の大きさや切れ込みの深さ、先の尖り方など変化が多い。茎頂の直径約6㎝の複散形花序に、白い小さな花を密集してつける。小花序が丸くなる。総苞片、小総苞とも線形、小総苞片は5~6個。花は5弁、花弁の先は爪状に内側に曲がる。雄しべ5個、葯は白色。萼歯は長三角形。果実は長さ2.5~3.5㎜の扁平な惰円形、有毛。
 ハマイブキボウフウ Libanotis ugoensis (Koidz.) Kitag. var. ugoensis は海岸型であり、葉が厚く、裂片の幅が広く、先が尖らない。
 タカネイブキボウウフウLibanotis ugoensis (Koidz.) Kitag. var. alpicola (Kitag.) T.Yamaz.は高山~亜高山に生える日本固有種。花序が大きく、直径約10㎝、小総苞片が約10個。萼や果実に毛が多い。
[花期] 8~9月
[草丈] 30~90cm
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の草原
[分布] 在来種 北海道、本州(近畿地方以北)、朝鮮
[撮影] 霧ケ峰高原  03.8.8
TOP Back