フウトウカズラ  風藤葛
[中国名] 风藤 feng teng
[英名] Kadzura pepper
[学名] Piper kadsura (Choisy) Ohwi
コショウ科 Piperaceae  コショウ属
三河の植物観察
フウトウカズラの穂状花序
フウトウカズラの花
フウトウカズラの果実
フウトウカズラの地を這う茎の葉
フウトウカズラの核
フウトウカズラ
フウトウカズラ葉表
フウトウカズラ葉裏
 コショウ属であるが、コショウの代わりにはならない。気根により岩や樹木を這ってよじ登り、うね状の隆起があり、まばらに短毛があって長さ10m以上に伸びる。葉は互生し、葉柄は長さ1~1.5㎝、ときに短毛があり、基部のものだけに鞘がある。葉身は長さ6~12㎝、幅3.5~7㎝の卵形~狭卵形、やや厚く革質、全縁、基部は心形~円形、ほぼ左右対象、先は鋭形~鈍形。葉形は地を這っているときは幅が広く、枝が伸びて這い上ると狭卵形になる。葉裏は脈上に普通、短毛があり、葉表は無毛、白色の盛り上がった腺が均等に散在する。側脈は5本、上部の1対は基部の上、約1.5㎝から上に伸び、網状脈は明瞭。雌雄異株。穂状花序は葉の反対側につき、長さ3~8㎝程度で細く、花には萼も花弁もない。雄花序は黄色、斜上し、長さ3~5.5(12)㎝、幅約2.5㎜。花序柄は長さ0.6~1.5㎝、花序軸には小剛毛がある。苞は黄色、円形、幅約1㎜、盾状、縁は不規則、外面は粗い白色の短毛があり、ほぼ無柄。雄しべは2~3個、花糸は短い。雌の穂状花序は葉身より短く、花序柄は葉柄とほぼ同長、花序軸や苞は雄花序と同様。子房は球形、明瞭。柱頭は3~4個、線形、短毛がある。果実は直径4~6㎜(実測)の球形の核果。秋の終わりから春まで橙色~褐黄色の実をつけている。核は粒コショウに似た直径約4㎜の球形。(Flora of China、実測補間)
 オオバフウトウカズラは葉が長さ10㎝以上になり、葉裏に毛がある。
[花期] 4~6月
[樹高] つる性
[生活型] 常緑
[生育場所] 沿海地の林内
[分布] 在来種 本州(関東地方南部以西)、四国、九州、沖縄、朝鮮、台湾
[撮影] 田原市  05.4.10
TOP Back