フウセンカズラ  風船葛
[別名] ハートカズラ
[中国名] 倒地铃 dao di ling
[英名] baloon vine, love in a puff, heart pea vine
[学名] Cardiospermum halicacabum L.
ムクロジ科 Sapindaceae  フウセンカズラ属
三河の植物観察
フウセンカズラ花序
フウセンカズラ花
フウセンカズラ果実
フウセンカズラの果実
フウセンカズラの葉柄
フウセンカズラ
フウセンカズラ種子
フウセンカズラ葉
 熱帯に広く分布し、栽培もされている。日本でも観賞用に栽培されているものが、よく雑草化している。葉は互生し、長さ3~8㎝、幅1.5~2.5㎝、2~3回3出複葉。葉柄は3~4㎝。葉に対生する巻きひげで、からみつく。花は直径8~10㎜の白色の小さな4弁花。花弁は長さ約3㎜。萼片は外萼片2個が長さ約2㎜、内萼片は長さ約3㎜。果実は直径1.5~3㎝、幅2~4 ㎝の丸い風船形、内部が3室に分かれている。種子は黒色、直径5~6㎜、大きな白いハート形の部分があるのが特徴。
[花期] 7~11月
[草丈] つる性(長さ1~1.5m)
[生活型] 1年草
[生育場所] 民家の近辺、道端、荒地
[分布] 帰化種  熱帯アメリカ、アフリカ、熱帯アジア、中国原産
[撮影] 一色町  08.10.20
TOP Back