フウリンソウ  風鈴草
[別名] カンパニュラ
[中国名] 彩钟花 cai zhong hua , 风铃草 feng ling cao
[英名] Canterbury bells , cup-and-saucer , bell flower
[学名] Campanula medium L.
キキョウ科 Campanulaceae  ホタルブクロ属
三河の植物観察
フウリンソウの花序
フウリンソウの花
フウリンソウの花2
フウリンソウの咢
フウリンソウの茎
フウリンソウ
フウリンソウ咢の付属体
フウリンソウ葉
 ホタルブクロ属の園芸品種。日本では単にカンパニュラと呼ばれることも多い。
 1年草又は2年草。根は直根、茎は高さ約60~80(100)㎝(栽培種では40~50㎝の矮性種もある)、4稜形、下向きの毛が密生する。根生葉は長さ約30㎝以下、葉柄が葉身の長さの約1/2、葉身は倒披針形~長楕円形、基部は次第に漸尖して楔形、上下とも有毛又は上部は無毛に近くなる。茎葉は上部では小さく中間の茎葉は長さ8~20㎝×幅1~3㎝、長楕円形又は披針状長楕円形、楔形、無柄で抱茎。花序は長く、頂生、総状花序の円錐花序、花序柄は長く、葉状の苞があり、剛毛がある。花柄は短く、密に剛毛がある。小苞は葉状、長さ約2.5㎝以下。咢は長さ1.5~2.8㎝、深裂し、剛毛があり、主に縁にある。咢片は披針形、付属体は長さ7~11㎜、広卵形、基部は深い心形、反り返る。花冠は長さ4~5㎝×幅2~3.5㎝(栽培種は大きい)、筒状鐘形、下部は便腹形、普通、青紫色(violet)又は紫色(purplish)、花冠内面に白色の長毛がある。花冠裂片は小さく、長さ5~10㎜、±三角形、反り返る。柱頭は(3~)5個。蒴果は長さ約2㎝、5室、±広倒卵形、基部で裂開する。花期は5~6月。( Flora of New Zealandなど)。
 品種はあまり多くないが、日本で開発された栽培しやすいものもある。
 品種) 'Alba' , 'Blue double' , 'Bells of Holland' , 'Caerula' , 'Calycanthema' , 'Champion Blue (dark flowers), 'Champion lavender' (light blue flowers), 'Champion Pink' (pink flowers) , Champion Series F1 hybridsチャンピオンシリーズ , 'Chelsea Pink' (pink flowers) , 'Cup and Saucer' , Dean Series , Dwarf Musical Bells Series , 'Flore Pleno' , 'Milan Lilac' , 'Muse Rose' , 'Nana' , 'Pkmm01' (PBR) , 'Pkmm03' (PBR) , 'Rosea' , 'Russian Pink' , 'Sakcam001' (PBR) , 'Sakcam002' (PBR) , 'Wigandii' , メイシリーズF1'
[果期] 5~6月
[草丈] 60~80(100)㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 栽培種
[分布] 帰化種 ヨーロッパ(イタリア、フランス)原産
[撮影] 浜松市 18.5..11
TOP Back