フタバムグラ  双葉葎
[中国名] 拟定经草 ni ding jing cao
[学名] Hedyotis brachypoda (DC.) Sivar. et Biju
Hedyotis diffusa Willd. var. longipes (Nakai) H.Hara
Hedyotis diffusa auct. non Willd.
アカネ科 Rubiaceae フタバムグラ属
三河の植物観察
フタバムグラの花
フタバムグラの花
フタバムグラの花
フタバムグラ果実
フタバムグラ托葉
フタバムグラ
フタバムグラ葉表
フタバムグラ葉裏
フタバムグラ種子
 薬草として用いられる。水田の小さな雑草。
 茎は円柱形で、根元から分岐して斜上する。葉は対生し、長さ7~36㎜、幅1~4㎜の線形、縁に短毛がある。托葉は膜質、合着し、短い鞘状になり、先が数裂する。花は葉腋に1~2個つき、花柄は長さ1~3㎜。花冠は淡紅色~白色、直径約2㎜、先が4又は5裂する。萼の先は花冠と同数に浅裂し、萼裂片は三角状披針形で、開出する。蒴果は長さ約2.5㎜、幅3~4㎜の扁球形。種子は長さ約0.2~0.4㎜。
 花柄が5~8㎜と長いものは別種のナガエフタバムガラであるが、中間型のものもある。
 帰化種のタマザキフタバムグラは托葉が合着し、縁に数個の刺がある。花は葉腋に小さな散房花序をつけ、花序に1~5個の花をつける。蒴果も小さく、直径約2㎜。
 海岸の岩場に生えるソナレムグラは葉の幅が広く、5~12㎜の広卵形。
[花期] 8~10月
[草丈] 10~30(50)㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 田の畔、畑
[分布] 在来種  本州、四国、九州、沖縄、中国、インド、ネパール、ブータン、インドネシア、フィリピン、ベトナム、マレーシア
[撮影] 蒲郡市形原町    02.9.14
TOP Back