フモトスミレ  麓菫
[学名] Viola sieboldii Maxim.
スミレ科 Violaceae  スミレ属
三河の植物観察
フモトスミレの花
フモトスミレの距
フモトスミレの長い葉の裏
フモトスミレ
フモトスミレの葉
 和名の由来は、山麓でよく見かけることから。葉は長さ1~2.5㎝、幅1~2㎝の卵形、 白い斑が入ることが多い。葉形は長くなることもあり、変化がある。葉裏は紫色を帯びる。花柄は暗紫色。花は直径約1㎝、白色、唇弁に紫色~赤紫色の筋が入り、唇弁の先が普通、尖る。側弁の基部は有毛。距は紫色を帯びる。2n=24
 葉に白斑があるものはフイリフモトスミレという。
[花期] 4~5月
[草丈] 3~6㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 丘陵、山麓の日当たりのよい場所
[分布] 在来種 本州(宮城県以西)、四国、九州、朝鮮
[撮影] 作手村 02.4.20
TOP Back