フクオウソウ  福王草
[学名] Prenanthes acerifolia (Maxim.) Matsum.
キク科 Asteraceae (Compositae)  フクオウソウ属
三河の植物観察
フクオウソウの花序
フクオウソウの頭花
フクオウソウの頭花
フクオウソウの総苞
フクオウソウ
フクオウソウの葉
 和名は三重県の福王山に由来する。山地の薄暗い林内に生え、天狗棚での開花は9月中旬以降。
 茎や萼など全体に腺毛がある。葉は互生し、翼がある長い柄につく。葉は長さ幅とも6~10㎝、掌状に3~7裂し、基部は心形。細長い花序の花柄の先にまばらに頭花を下向きにつける。頭花は長さ約2㎝、幅1~1.5㎝、9~13個の舌状花が集まる。舌状花は紫白色、灰色の縦線模様がある。総苞は長さ約10㎜の細い筒形。痩果は無毛。冠毛は鈍い白色~褐色を帯びる。
[花期] 8~9月
[草丈] 30~100㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の木陰
[分布] 在来種(日本固有種)本州、四国、九州
[撮影] 天狗棚  06.9.16
TOP Back