ホタルカズラ  蛍葛
[中国名] 梓木草 zi mu chao ,地仙桃 di xian tao
[学名] Lithospermum zollingeri A.DC
Buglossoides zollingeri (A. DC.) I. M. Johnst
ムラサキ科 Boraginaceae  イヌムラサキ属
三河の植物観察
ホタルカズラの花
ホタルカズラの白色の隆起線
ホタルカズラの萼
ホタルカズラの葉裏の毛
ホタルカズラの茎
ホタルカズラ
ホタルカズラ葉表
ホタルカズラ葉裏
 イヌムラサキ属 Lithospermum とする見解と、ムラサキ属 Buglossoides に入れるという見解がある。和名は青い花の中央に隆起した白い星形を蛍の光になぞらえたもの。
 根茎は這い、長いものは30㎝ほどになる。花後に長い走出枝(ランナー)を出し、翌年には新株になる。根は褐色、紫色の色素を含む。茎は横に這う基部から直立する。根生葉はまばらにつき、短い葉柄があり、倒披針形~へら形、長さ3~6㎝、幅0.8~1.8㎝、全縁、基部が膨らむ短剛毛があり、葉裏には密生する。茎葉は互生し、ほぼ無柄、根生葉と同形で小さい。苞は葉状。小花柄は短い。萼は長さ約6.5㎜、裂片は線状披針形、両面に毛がある。花冠は鮮やかな青色~青紫色、長さ15~18㎜、外面にまばらに毛があり、先は深く5裂して平開し、直径約15㎜。筒部と 舷部の境界は不明瞭、喉部から筒部の内部に向かって長さ約4㎜の5個の縦の隆起線がある。隆起線は白色、星形に見え、わずかに厚くなり、パピラがある。舷部は幅約1㎝。裂片は長さ5~6㎜、広倒卵形、全縁、脈は無い。雄しべは5個、隆起線の下につき、花糸に腺毛が多い。葯は淡黄色、長さ1.5~2㎜。花柱は長さ約4㎜、柱頭は頭状。子房は深く4裂。 堅果は4分果、分果は白色~淡黄褐色、長さ(2.5)3~3.5㎜の傾いた卵形、平滑、光沢があり、腹面は凹面、中央に縦溝がある。2n=16。
 ムラサキLithospermum erythrorhizon は根を紫色の染料としたためムラサキという。花は白色、直径約6㎜。花冠裂片は円形、基部に2個ずつ円形の鱗片(横突起)がある。葉は質が厚く、側脈が2~3対明瞭にある。
 イヌムラサキ Lithospermum arvense は花が白色、直径3~4㎜。葉が細く、果実にこぶのようなしわが多い。
 ミヤマホタルカズラ Lithospermum diffusum はヨーロッパ原産の低木の園芸種。花は青色、直径12~15㎜、星形がない。
[花期] 4~6月
[草丈] 5~25㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 日当たりのよい草原
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、台湾
[撮影] 豊橋市 15.5.11
TOP Back