ホソバシャクナゲ  細葉石楠花
[別名] エンシュウシャクナゲ 遠州石楠花
[学名] Rhododendron makinoi Tagg. ex Nakai
ツツジ科  Ericaceae  ツツジ属
三河の植物観察
ホソバシャクナゲの蕾
ホソバシャクナゲの花
ホソバシャクナゲの花2
ホソバシャクナゲの果実
ホソバシャクナゲ
ホソバシャクナゲ葉
ホソバシャクナゲの葉裏
 県内では東三河の鳳来寺山周辺だけに分布する。全国、愛知県とも絶滅危惧Ⅱ類としている。
 幹はよく分枝し、枝を広げる。葉は互生し、枝先に集まってつく。葉は長さ7~18㎝、幅1~2㎝の細長い楕円形~線状披針形、全縁。葉は革質、葉表は光沢があり無毛、葉裏は淡褐色~赤褐色の綿毛が厚く密集する。葉柄は長さ1~2.5㎝。花は総状花序に5~10個かたまってつく。花冠は直径4~5㎝の漏斗形、紅紫色、5中裂し、上側の裂片に斑点がある。蒴果は長さ10~15㎜の円柱形、褐色の毛が密生する。
[花期] 4月末~5月上旬
[樹高] 1~2m
[生活型] 常緑低木
[生育場所] 山地の岩場
[分布] 在来種(日本固有種)  本州(静岡県西部~愛知県東部)
[撮影] 愛知県民の森  07.4.30
TOP Back