ヒトツボクロ  一黒子
[学名] Tipularia japonica Matsum.
ラン科 Orchidaceae  ヒトツボクロ属
三河の植物観察
ヒトツボクロ花序
ヒトツボクロの花
ヒトツボクロの葉
ヒトツボクロ
ヒトツボクロ葉表
ヒトツボクロ葉裏
 葉は1個だけつき、長さ3~7㎝の長卵形~卵形。葉表は暗緑色、白色の斑点があり、葉裏は紫色。葉縁に波状鋸歯があり、葉柄は長い。葉の幅が広いものはホテイランの葉に似ている。細くて長い花茎に小さな花を5~10個つける。側花弁は長さ約4㎜、狭倒披針形。唇弁は長さ約3㎜、倒卵形。距は細く、長さ約5㎜。
[花期] 5~6月
[草丈] 15~25㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 林内
[分布] 在来種(日本固有種) 本州、四国、九州
[撮影] 設楽町  05.6.19
TOP Back