ヒトツバヨモギ  一葉蓬
[別名] ヤナギヨモギ 柳蓬
[学名] Artemisia monophylla Kitam.
Artemisia viridissima (Kom.) Pamp. var. japonica Pamp.
キク科 Asteraceae (Compositae)  ヨモギ属
三河の植物観察
ヒトツバヨモギ花序
ヒトツバヨモギ茎
ヒトツバヨモギ
ヒトツバヨモギ葉裏
 和名の由来は葉が裂けず、単葉であることから。ヨモギ臭がある。
 茎はほとんど枝分かれしない。葉は互生し、長さ6.5~14㎝、幅2~4㎝の長楕円状披針形、先が尖り、鋭い鋸歯がある。葉裏は綿毛が密生し白色。葉腋につく円錐花序に頭花が多数つく。頭花は筒状花のみ、長さ3~4㎜の鐘形。総苞にくも毛がある。痩果は長さ約2㎜。
[花期] 8~10月
[草丈] 70~100㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 亜高山の草地
[分布] 在来種(日本固有種) 本州(日本海側)
[撮影] 志賀高原  05.8.1
TOP Back