ヒトリシズカ  一人静
[別名] ヨシノシズカ
[中国名] 银线草 yin xian cao
[学名] Chloranthus japonicus Siebold
Tricercandra japonica (Siebold) Nakai
センリョウ科 Chloranthaceae  チャラン属
三河の植物観察
ヒトリシズカの芽
ヒトリシズカの花
ヒトリシズカの花2
ヒトリシズカの果実
ヒトリシズカ
ヒトリシズカ葉
 和名の由来は白い清楚な花が1個ずつつくのを静御前にたとえたもの。学名はChloranthus quadrifolius (A.Gray) H.Ohba et S.Akiyamaとされたこともあるが、これはフタリシズカ Chloranthus serratus (Thunb.) Roem. et Schult. の同義語とされている。
 根茎は多数の節があり、平伏し、分枝し、多くの細くて長い繊維状の根がつき、芳香がある。茎は赤紫色を帯び、1~数本束状に直立し、分枝せず、基部の節から1対の鱗片状の葉をつける。鱗片状の葉は対生し、三角形~卵形、長さ4~5㎜、膜質。葉は普通、対生し、2対の葉が4個、偽輪生し、芽どきには花序を包んで直立する。葉柄は長さ0.8~1.8㎝。葉身は広楕円形~倒卵形、長さ8~14㎝、幅5~8㎝、紙質、腺点のある微突形、基部の1/4は全縁、葉表は光沢があり、無毛、基部は広楔形、縁は鋭い鋸歯縁、先は鋭形。側脈は6~8対、網状脈が明瞭。穂状花序は1個、頂生し、長さ3~5㎝、花序柄がある。苞は三角形~近半円形。花は白色。雄しべは3個。葯隔は長く伸び、長さ約5㎜、白色、水平や上側に曲がり、子房の先端に基部で合着する。花被はなくこれが白色の花弁状に見える。中央の雄しべの葯隔は葯がなく、2個の側雄しべの葯隔にはそれぞれ1室の葯をつける。葯室は葯隔の基部につく。子房は卵形。花柱は無く、柱頭は切形。核果は緑色、類球形~倒卵形、長さ2.5~3㎜、柄は長さ1~1.5㎜。2n=30。
[花期] 4~5月
[草丈] 20~49㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の林内、草地
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、ロシア
[撮影] 豊田市(飯盛山)  06.4.16
TOP Back