ヒスイカズラ  翡翠葛
別名] ジェイド・バイン
[中国名] 绿玉藤 lu yu teng , 翡翠葛san fang jue ming
[英名] Jade vine , Emerald Creeper
[学名] Strongylodon macrobotrys A. Gray
マメ科 Fabaceae  ヒスイカズラ属
三河の植物観察
ヒスイカズラの花序
ヒスイカズラの花2
ヒスイカズラの花3
ヒスイカズラの若葉
ヒスイカズラ
ヒスイカズラの花
ヒスイカズラの蕾
ヒスイカズラの葉
 ヒスイカズラはマメ科ヒスイカズラ属の観賞用の栽培種。花が青緑色で目立つ。フィリピンの熱帯雨林の破壊がこの種を脅かしている。淡緑色の葉のキャノピーの下に、半透明の翡翠緑色(jade-green)の花が長く垂れ下がり、ヒスイカズラは熱帯の蔓性植物の中で最も美しく、優雅な1つである。フィリピンのルソン島、ミンドロ島、カタンドゥアネス島に分布する。
 蔓性木、茎は丈夫で捻じれ、長さ9~15(~18)m、直径2.5㎝以下になる。葉は互生し、短柄があり、3小葉、長さ25㎝以下、初めピンクブロンズ色、淡緑色になり、やがて成熟すると濃緑色になる。小葉は全縁、頂小葉は楕円形~卵状楕円形、長さ12~15.5㎝×幅5.5~7.3㎝、全縁。側小葉は卵形、長さ9~15㎝×幅3.5~8㎝。花序は頂生又は腋生、長さ0.5~1.5(~3)m、花序軸は長さ50㎝以上、垂れ下がったブドウの房状の総状花序、5~8個の花が束生して、多段に多数(75個又はそれ以上)の花をつける。短枝はいぼ状。花柄は長さ1.8~4㎝。咢は鐘形、帯紫色(灰色)。花は爪形、羽根を閉じた蝶に似た蝶形花、輝く青緑色(翡翠色)、又はアクアマリン色(aquamarine)、青緑ネオン色(neon blue green)、 海緑色のトルコ石色(seagreen-turquoise)ともいわれ、長さ7.5㎝以下、幅6㎝以下。旗弁は卵形、反曲し、長さ3.7~4.8㎝×幅1.7~2.5㎝。翼弁は長楕円状楕円形、長さ20~24㎜×幅8~10㎜。竜骨弁は長さ45~48㎜×幅11~13㎜。花はオオコウモリが受粉を媒介する。花期は春~初夏。果実の莢(さや)は長さ8.5~13㎝×幅約6㎝、楕円形、膨れ、しわがある。
[花期] 3~4月
[樹高] 長さ9~15(~18)m
[生活型] 蔓性木
[生育場所] 栽培種
[分布] 帰化種 フィリピン原産
[撮影] 豊橋市    15.3.24

 ヒスイカズラ属

  Family Fabaceae - genus Strongylodon
 
 蔓性木。葉は3小葉。花は腋生の長い総状花序につき、旗弁は著しく反曲する。竜骨弁は長く、曲がる。雄しべは10個、2体雄しべ。果実は卵状長楕円形の莢。
 世界に14種があり、フィリピンに7種が分布する。
【ヒスイカズラ属の種】
S. archboldianus , S. caeruleus , S. celebicus , S. crassifolius , S. craveniae , S. decipiens , S. elmeri , S. loheri , S. lucidus , S. macrobotrys S. madagascariensis , S. pulcher , S. ruber , S. zschokkei

 ヒスイカズラ属の主な種と園芸品種

 1  Strongylodon macrobotrys A. Gray ヒスイカズラ
    synonym Cassia alata L.
 フィリピン原産。英名はjade vine
 蔓性木、茎は丈夫で捻じれ、長さ9~15(~18)m、直径2.5㎝以下になる。葉は互生し、短柄があり、3小葉、長さ25㎝以下、初めピンクブロンズ色、淡緑色になり、やがて成熟すると濃緑色になる。小葉は全縁、頂小葉は楕円形~卵状楕円形、長さ12~15.5㎝×幅5.5~7.3㎝、全縁。側小葉は卵形、長さ9~15㎝×幅3.5~8㎝。花序は頂生又は腋生、長さ0.5~1.5(~3)m、花序軸は長さ50㎝以上、垂れ下がったブドウの房状の総状花序、5~8個の花が束生して、多段に多数(75個又はそれ以上)の花をつける。短枝はいぼ状。花柄は長さ1.8~4㎝。咢は鐘形、帯紫色(灰色)。花は爪形、羽根を閉じた蝶に似た蝶形花、輝く青緑色(翡翠色)、又はアクアマリン色(aquamarine)、青緑ネオン色(neon blue green)、 海緑色のトルコ石色(seagreen-turquoise)ともいわれ、長さ7.5㎝以下、幅6㎝以下。旗弁は卵形、反曲し、長さ3.7~4.8㎝×幅1.7~2.5㎝。翼弁は長楕円状楕円形、長さ20~24㎜×幅8~10㎜。竜骨弁は長さ45~48㎜×幅11~13㎜。花はオオコウモリが受粉を媒介する。花期は春~初夏。果実の莢(さや)は長さ8.5~13㎝×幅約6㎝、楕円形、膨れ、しわがある。

 2  Strongylodon lucidus (G. Forst.) Seem.
    synonym Senna angustifolia (Vahl) Batka 
 インド、インドネシア、フィリピン、スリランカ、パプアニューギニア、ソロモン諸島、レユニオン、太平洋諸島原産。英名はAlexandrian senna , Indian senna , senna , Tinnevelly senna , true senna


 参考

1) Flora of Zimbabwe: Cultivated plants: genus page: Strongylodon
 Strongylodon
 https://www.zimbabweflora.co.zw/cult/genus.php?genus_id=1813
2)Strongylodon macrobotrys A.Gray | Plants of the World Online | Kew ...
  Strongylodon macrobotrys A.Gray
 http://powo.science.kew.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:519595-1
3) Plant Finder - Missouri Botanical Garden
 Strongylodon macrobotrys
 http://www.missouribotanicalgarden.org/PlantFinder/
   PlantFinderDetails.aspx?taxonid=280642&isprofile=0&
4) GRIN
 Strongylodon
 https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=11670
5) PhytoKeys 73: 1–12 (2016) doi: 10.3897/phytokeys.73.10055 http://phytokeys.pensoft.net
 Strongylodon juangonzalezii, a remarkable new species of Strongylodon (Fabaceae)
  from Mulanay, Quezon Province, Philippines
 PK_article_100500.pdf

TOP Back