ヒロハウシノケグサ  広葉牛の毛草
[中国名] 草甸羊茅 cao dian yang mao
[英名] meadow fescue
[学名] Festuca pratensis Huds.
Schedonorus pratensis (Huds.) P. Beauv.
イネ科 Poaceae  ウシノケグサ属
三河の植物観察
ヒロハウシノケグサ小穂
ヒロハウシノケグサ小穂の解説
ヒロハウシノケグサ護頴と内頴に包まれた果実
ヒロハウシノケグサ果実
ヒロハウシノケグサ葉耳
ヒロハウシノケグサ
ヒロハウシノケグサの花序の枝
ヒロハウシノケグサとオニウシノケグサの小穂の比較
 明治時代に牧草として栽培され、北海道など北日本を中心に帰化しているとされている。
 茎は直立して叢生し、無毛。葉は平らか又はゆるく巻き、長さ10~30㎝、幅2~7㎜の線形。葉舌(ligule)はほとんど無い。葉耳(auricle)の縁は無毛。茎頂に長さ10~20㎝の幅の狭い円錐花序を出し、多数の小穂をつける。花序の枝は短枝と長枝が対になってつき、短枝には1~3個、長枝には3~10個程度の小穂がつく。小穂は長さ12~15.5㎜、(2)4~10(12)個の小花からなり、芒は長さ0~2㎜、普通長さ0.5㎜以下。第1苞穎の長さ2.5~4㎜、第2苞穎3.5~5㎜、護穎(外穎)6~8㎜。葯は長さ2~4.5㎜、黄色。果実は長さ3~3.5㎜、暗褐紫色、頭部に毛があり、乾くと腹面が窪む。2n=14,28,42,70
 ヒロハウシノケグサとオニウシノケグサの交配種も輸入され、中間型のものも存在し、判別は難しい。写真のものは芒の無いものに混じり、短い芒をもつ小穂もあるが、葉耳の縁に短毛がなく、花序枝の小穂の数が少なく、苞頴の長さも短いため、ヒロハウシノケグサとした。道端で見られるものはほとんどこのタイプのものである。
 オニウシノケグサは全体に大型で、小穂に芒があり、葉耳に縁毛があり、第1苞穎は長さ3~6㎜、第2苞穎4~9㎜である。葉耳の縁毛は茎につく葉にほほとんど無い場合が多く、茎の無い若い葉を確認すると解りやすい。
 オオウシノケグサは葉の幅が狭く、普通、内巻きになって1㎜以下の糸状、平らになっても3㎜以下である。
[花期] 6~8月
[草丈] 30~130㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 道端、草地
[分布] 帰化種 ヨーロッパ原産
[撮影] 幡豆郡吉良町 02.5.11
TOP Back