ヒナノシャクジョウ  雛の錫杖
[中国名] 头花水玉簪 tou hua shui yu zan
[学名] Burmannia championii Thwaites
ヒナノシャクジョウ科 Burmanniaceae  ヒナノシャクジョウ属
三河の植物観察
ヒナノシャクジョウ
ヒナノシャクジョウの花
ヒナノシャクジョウの花2
ヒナノシャクジョウ
 林内の湿った落葉の間に生える腐生植物。愛知県では絶滅危惧Ⅱ類として分類され、全国ではリスト外。
 全体に白色。根茎は球状。茎は直立し、退化した鱗片状の長さ約3㎜の葉が互生する。花は茎頂に2~6個が固まってつき、開花時には花が開いたように広がる。外花被片は長さ6~10㎜、合着して筒状になり、先端は三角形に分裂して開く。内花被片は小さい。果実は倒卵形の蒴果。
[花期] 7~10月
[草丈] 3~15㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 湿った林内
[分布] 在来種  本州(関東地方以西)、四国、九州、中国、台湾、インド、スリランカ、ミャンマー、タイ、インドネシア、ニューギニア
[撮影] 岡崎市 06.7.29
TOP Back