ヒナノカンザシ  雛の簪
中国名] 椭圆叶齿果草 tuo yuan ye chi guo cao
[学名] Salomonia ciliata (L.) DC.
Salomonia oblongifolia DC.
ヒメハギ科 Polygalaceae  ヒナノカンザシ属
三河の植物観察
ヒナノカンザシ花
ヒナノカンザシ葉
ヒナノカンザシ
 茎は直立し、分枝する。葉は互生し、長さ3~8㎜の長楕円形~楕円形。葉柄はほとんどない。花は長さ1~2㎜と小さく、まばらにつく。花弁は3個。蕾は紅紫色で、開花すると白くなるため、先に開花する下側の花は白く、穂先は紅紫色に見える。雄しべ4個。萼片は5個、披針形、2個が大きい。果実は扁平な直径約2㎜の腎形、数個の刺があり、種子が2個入る。
[花期] 8~9月
[草丈] 10~25㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 日当たりのよい湿地
[分布] 在来種 本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、インド、ネパール、ブータン、スリランカ、カンボジア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、タイ、ベトナム、インドネシア、フィリピン、ニューギニア、オーストラリア
[撮影] 長三池湿地 03.7.20
TOP Back