ヒメウズ  姫烏頭
[中国名] 天葵 tian kui
[学名] Aquilegia adoxoides (DC.) Ohwi
Semiaquilegia adoxoides (DC.) Makino
キンポウゲ科 Ranunculaceae  オダマキ属
三河の植物観察
ヒメウズの花
ヒメウズの花横
ヒメウズの果実4
ヒメウズの裂開した果実
ヒメウズの種子
ヒメウズ
ヒメウズ距
ヒメウズの葉
 ウズ(烏頭)はトリカブトのこと。オダマキ属でなく、ヒメウズ属 Semiaquilegi として分類されることもある。
 花が小さく全体に細い。根茎は長さ約1㎝の塊状。茎は少し分枝し、紫褐色で、軟毛が生える。根生葉には長い柄があり、3出複葉。小葉は丸く、2~3裂し、裂片はさらに浅く2~3裂する。葉裏は紫色。花は下向きに咲き、直径4~5㎜。花弁は筒状に5個つき、淡黄色、萼片より小さく、基部の距は発達せず、小さく膨らむ程度。雄しべは9~14個、内側の雄しべは仮雄しべになる。雌しべ2~4個。萼片は5個、白色~淡紅紫色の花弁状。果実は雌しべ(心皮)の数と同数の袋果を上向きにつけ、熟すと内側が裂開する。種子は長さ1.1~1.4㎜、褐色~黒褐色。2n=14
[花期] 3~5月
[草丈] 10~30㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 道端、草地
[分布] 在来種 本州(関東以西)、四国、九州、朝鮮、中国
[撮影] 田原市 12.4.18
TOP Back