ヒメスイバ  姫酸い葉
[中国名] 小酸模 xiao suan mo
[英名] red sorrel ,sheep sorrel, common sheep sorrel
[学名] Rumex acetosella L.
タデ科 Polygonaceae  ギシギシ属
ヒメスイバの花序
ヒメスイバの雄花
ヒメスイバの雌花
ヒメスイバの果実の花被
ヒメスイバ
ヒメスイバの葉
ヒメスイバの果実
 明治の初に渡来した。和名の由来はスイバより小型であることから。
 全体に小型で細い。根茎は横に広がる。茎の下部につく葉は長さ2~6㎝、鉾形、葉の基部が耳状に張り出し、長柄がある。雌雄異株。花序は細く、長さ約10㎝、多数の小さい花がつく。内花被は花後にもあまり大きくならず、スイバのような翼は無く、果実(痩果)の表面に接して覆う。果実は長さ約1.5㎜、3稜形、褐色で光沢がある。2n=14,42
[花期] 4~5月
[草丈] 10~60㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 道端、草地
[分布] 帰化種 朝鮮、中国、台湾、ロシア、インド、カザフスタン、西アジア、ヨーロッパ、アルジェリア、モロッコ原産
[撮影] 吉良町 07.4.28
TOP Back