ヒメクグ  姫莎草
[中国名] 无刺鳞水蜈蚣 wu ci lin shui wu gong.
[学名] Kyllinga brevifolia Rottb. var. leiolepis (Franch. et Sav.) H.Hara
Cyperus brevifolius (Rottb.) Hassk. var. leiolepis (Franch.et Savat) T.Koyama.
カヤツリグサ科 Cyperaceae  ヒメクグ属
三河の植物観察
ヒメクグ花序
ヒメクグ花序2
ヒメクグ花序3
ヒメクグ果実
ヒメクグ
ヒメクグ小穂
 赤紫色の根茎を延ばして増える。葉は幅2~4㎜の線形で、苞葉は普通、水平からやや下向きに3個つく。周囲の草丈が高いときなど、場所によっては最下の苞葉が直立するときもある。花序は1個で、小花1個だけの小穂が密に固まってつき、直径0.6~1㎝の球形になる。ヒメクグ属は4個の鱗片をもち、2個は大きく、2個は小さい。大きい鱗片には緑色の竜骨があり、竜骨は平滑で、刺がない。果実は広倒卵形。
 日本にはヒメクグ、アイダクグ、タチヒメクグ、タイトウクグのヒメクグ属4種が分布する。(参考 谷城 勝弘著 カヤツリグサ科入門)
 アイダクグはヒメクグとよく似ており、混生して見られることもある。アイダクグの鱗片竜骨には数個の小刺があり、肉眼では難しいが、10倍のルーペを使えば確認できる。
[花期] 7~10月
[草丈] 10~20㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 日当たりのよい湿った場所
[分布] 在来種  日本全土、朝鮮、中国、ネパール、ロシア
[撮影] 豊田市  07.9.2
TOP Back