ヒメフタバラン  姫双葉蘭
[別名] ムラサキフタバラン
[中国名] 日本对叶兰 ri ben dui ye lan
[学名] Listera japonica Blume.
Neottia japonica (Blume) Szlachetko
ラン科 Orchidaceae  フタバラン属
三河の植物観察
ヒメフタバランの花
ヒメフタバランの花2
ヒメフタバランの花弁基部
ヒメフタバランの花軸の腺毛
ヒメフタバラン
ヒメフタバランの葉
ヒメフタバランの葉2
 サカネラン属 Neottia とする見解もある。
 茎は直立し、無毛。葉は対生し、2個だけつき、長さ1~1.8㎝、幅1~1.6㎝の卵状三角形、無柄、葉先は鋭頭、基部は切形~楔形。花茎を直立し、葉が茎の中間につく。花茎や花軸には腺毛があり、花茎は長さ3~5㎝、花軸は長さ3~5㎝、花は2~6(8)個まばらにつく。小苞は広卵形、長さ1~2㎜。小花柄は細く、長さ9~12㎜、捻じれがあり、花が逆さまになる(ラン科では普通)。子房は長さ1~3㎜、無毛。花弁や萼片は紫色~紫緑色、反曲する。背萼片は長さ1.8~2.5㎜、幅0.8~1㎜の倒卵形~惰円形、鋭頭~鈍頭。側萼片は斜めにつき、卵形、長さ2~2.5㎜、幅0.7~1.1㎜、鋭頭。花弁は披針形~披針状線形、長さ1.8~2.5㎜、幅約 0.5㎜、先は鈍形。唇弁は紫色、長さ6~8(12)㎜、先が2裂し、Y字形になり、裂片の湾入部には三角状の歯があり、裂片の先端は鈍頭~鋭頭、やや鋸歯状になることもある。唇弁の基部には耳状の小突起があり、蕊柱を囲むようにつく。2n=38
 フイリヒメフタバラン form. albostriata 葉の中央部に白斑が入る。
 ナガバヒメフタバラン form. longifolia は葉が長い。
 ミドリヒメフタバラン(ミドリフタバラン)form. viridis は花が緑色。
 コフタバラン(別名:フタバラン)Listera cordsta は花が淡黄緑色、花弁や萼片が反曲しない。唇弁が長さ3~4㎜、基部の小裂片が斜開する。
 アオフタバランListera makinoana 2個の対生する葉が地表近くにつく。花は緑色、唇弁の幅がやや広く、裂片の先が円頭。
 ミヤマフタバラン Listera nipponica は亜高山に生え、葉が広卵形。花が緑褐色、唇弁の裂片が楕円形、円頭。基部の耳状裂片が開出する。
[花期] 3~5月
[草丈] 5~20㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の林内
[分布] 在来種 本州(宮城県、山形県以南))、四国、九州、沖縄、台湾
[撮影] 新城市  14.3.28
TOP Back