ヘチマ  糸瓜
[中国名] 絲瓜 sī guā
[英名] sponge gourd
[学名] Luffa cylindrica (L.) M.Roem.
Luffa aegyptiaca Mill.
ウリ科 Cucurbitaceae  ヘチマ属
三河の植物観察
ヘチマの雄花
ヘチマの花横
ヘチマの萼
ヘチマの葉
ヘチマの茎
ヘチマ
ヘチマ雌花の花後
ヘチマ果実
 草むらの中にヘチマが雑草化していた。
 江戸時代に中国から渡来した。ヘチマは和名の由来がおもしろい。元は糸瓜(いとうり)で、これは果実を乾燥させたとき糸状になるためである。この糸瓜が「とうり」と訛り、「と」はいろは順で「へ」と「ち」の間にあることから、「へち間」と呼ばれるようになった。若い果実は形がきゅうりに似ていて食用とされる。また、茎からへちま水を取り、化粧水に使える。昔は大きな果実からヘチマのタワシを作ったものである。
 葉は互生し、掌状に5~7浅~中裂し、裂片の先が尖る。長い葉柄がある。雌雄同株。葉腋に雌雄別の花序をつける。雌花序は単生し、雄花序は長さ15~20㎝の花柄の先に多数の花を固まってつける。花は黄色の5弁花、直径約8㎝。果実は長さ30~60㎝になる。
[花期] 7~10月
[草丈] つる性
[生活型] 1年草
[生育場所] 畑、草地
[分布] 帰化種  熱帯アジア原産
[撮影] 蒲郡市 12.10.4
TOP Back