ヘミジギア  
[別名] シンコロステモン
[英名] sagebush
[学名] Hemizygia sp.
Syncolostemon sp.
シソ科 Lamiaceae ヘミジギア属
三河の植物観察
ヘミジギアの苞
ヘミジギアの花
ヘミジギアの咢
ヘミジギアの蕾
ヘミジギアの葉
ヘミジギアの茎
ヘミジギアの茎の基部
ヘミジギア
ヘミジギア花横
ヘミジギア花序
ヘミジギアの葉2
 ヘミジギアはシソ科ヘミジギア属の多年草。ヘミジキア属は最近ではシンコロステモン属に含める説が主流であるが、日本ではヘミジギア属として扱われている。ヘミジギア属は世界に約30種があり、主に南アフリカに分布する。花は2唇形、2強雄しべの下側の対の花糸が合着するのが特徴。いくつかの葉に斑入りのハイブリッド系園芸品種があり、観賞用に栽培される。写真は品種のピンクサファイア。夏の高温多湿に弱く、夏は花がなくなり、春と秋の2季咲き、栽葉は斑入りで、寒くなるとピンク色を帯びる。
 多年草、亜低木(多年性の柔らかな低木)又は茎が立ち上がる1年草、又は茎が多年性の木質の根茎から生じる。普通、芳香がある。葉は単 葉,無柄又は有柄、様々な毛と腺点があり、普通、歯状。花序は普通、頂生する総状花序、疎又は密、輪散花序に花が2~6個。苞は小さく頂部の苞は大きく、色のつく頂部の苞(coma bract)として宿存する。咢は不等の5歯(1/4)があり、2唇形、上唇の1個の咢歯が最も大きく、広卵形~類円形、筒部に沿下する。筒部は短い。下唇は4歯、錐状~刺状、まれにデルタ状披針形。花冠は強い2唇形、5裂片(4/1)、白色、ピンク色、紫色。花冠筒部は咢より長く、中間付近から切形の口部まで広がり、ときに口部で再びわずかに狭くなる。上唇は斜上し、中裂片は下唇より短く小さく、側裂片より長く、普通、切形。下唇は凹面、水平~反曲する。雄しべは4個、突き出る( H. pretoriaeでは上側の対が突き出ない。)。2強雄しべ、上側の対の雄しべは花冠筒部の中間付近又は下につき( H. gerrardiiでは中間の上)、花糸は離生、普通、下部に毛があり、たまに上部まである。下側の対の雄しべは花冠ののど部につき、花糸は長さの一部又は全体で合着(たまに、ほとんど分離)、無毛。花柱は突き出て、普通、小さく2裂、たまに棍棒形。花盤は4裂、前側の裂片が大きい。小堅果は卵形、平滑、背側に目立つ脈があり、粘るか又は粘らない。 2n = 28
[花期] 5~7月、10~12月
[草丈] 30~50㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 栽培種
[分布] 帰化種 アフリカ原産
[撮影] 西尾市  18.11.28

 シンコロステモン属

  Family:  Lamiaceae - tribe Ocimeae - genus Syncolostemon

 芳香があり、多年草又は1年草、木質の草本又は亜低木(suffrutices)。茎は直立又は傾伏、上部で分枝、基部はしばしば、木質になる。葉は対生、有柄又は類無柄。花は両性、6個の花が輪生、普通、疎につく。苞は小さく又は大きく、色づき、花序の先のコーマ(coma bract 頂部の苞)を形成する。咢は宿存、水平又は先が下向き、短い筒形、2唇形、上唇は広卵形、全縁、筒部に短く沿下する。下唇は4個の錐状の歯があり、中間の対は普通、側対より長く、しばしば上側に曲がる。果時に後ろ側の唇は大きくなり、のど部が開き、無毛。花冠は白色~ピンク色又は白色にピンクの斑紋、2唇形。上唇は直立、浅く4裂し、裂片はしばしば、わずかに外巻きする。下唇は大きく、全縁、水平又は反曲し、のど部は切形、上唇にごく短い裂片をもつ。花冠筒部は真っすぐ又はわずかに曲がり、咢から突き出る。内側は無毛又は基部に毛がある。雄しべは4個、下向きに曲がり、ほぼ等長、付属枝はなく、若い花では後ろ側の雄しべはしばしば短いが、突き出る。後ろ側の対は縁毛があり又は類無毛、筒部の基部から1/3につく。前側の花糸は花冠ののど部について接触し、長さのほとんどが合着する。葯は背着、 synthecous(the thecae are fused near the apex and the insertion at the connective)。花盤は前側の裂片がわずかに長い。子房は無毛。子房は無毛。柱頭は頭状、2裂、裂片は短く、丸い。小堅果は4個、未熟では少なく、褐色、平滑、背脈をもち、卵形、基部に小さな傷痕があり、湿ったとき粘液を出す又は出さない。胚は真っすぐ。種子は無胚乳(exalbuminous)。
 Hemizygiaは以前は属として認められていたが、数人の著者がSyncolostemonと密接な関係にあると解説し、中間的な種を確認した。Otieno等(2006)はHemizygiaが単系統のグループではなく、Syncolostemon.から形態学的に分離するのは困難であることを論証した。しかしながら、 Hemizygiaを含めた広義のSyncolostemonは単系統であり、前側の雄しべの花糸の融合により容易に判別することができる。[Flora of Tropical East Africa. 2009]

 Syncolostemonはシソ科の属であり、1838年に最初に解説された。以前は南アフリカに固有とされたが、サハラ以南のアフリカ(マダガスカルを含む)の数種とインドの1種が加えられた。
 世界に45種があり、主に南アフリカの東部の夏降雨地域に広く分布する。英名はsagebushといわれる。

【シンコロステモン属の種】
01.Syncolostemon albiflorus (N.E.Br.) D.F.Otieno - 南アフリカ (トランスバール州)、 スワジランド
  synonym Hemizygia albiflora (N.E.Br.) M.Ashby
02.Syncolostemon argenteus N.E.Br. - 南アフリカ(クワズールー ナタール州)
03.Syncolostemon bolusii (N.E.Br.) D.F.Otieno - 南アフリカ(クワズールー ナタール州)
  synonym Hemizygia bolusii (N.E.Br.) Codd
04.Syncolostemon bracteosus (Benth.) D.F.Otieno - サハラ以南のアフリカに広く分布
  synonym Hemizygia bracteosa (Benth.) Briq.
05.Syncolostemon canescens (Gurke) D.F.Otieno - アンゴラ、ボツワナ、ジンバブエ、スワジランド、南アフリカ
  synonym Hemizygia canescens (Gurke) Ashby
06.Syncolostemon cinereum (Codd) D.F.Otieno & Retief - 南アフリカ
  synonym Hemizygia cinerea Codd
07.Syncolostemon comosus (Wight ex Benth.) D.F.Otieno - インド南部
  synonym Hemizygia comosa (Wright ex Benth.) A. J. Paton
08.Syncolostemon comptonii Codd - スワジランド、南アフリカ
09.Syncolostemon concinnus N.E.Br. - スワジランド、南アフリカ
10.Syncolostemon densiflorus Benth. - 南アフリカ   Common pink plume
11.Syncolostemon elliottii (Baker) D.F.Otieno - ジンバブエ、ボツワナ、南アフリカ (トランスバール州)
  synonym Hemizygia elliottii (Baker) M. Ashby
12.Syncolostemon eriocephalus Verd. - 南アフリカ(リンポポ州)
13.Syncolostemon flabellifolius (S.Moore) A.J.Paton - モザンビーク、ジンバブエ
  synonym Hemizygia flabellifolia S. Moore
14.Syncolostemon floccosus (Launert) D.F.Otieno - ナミビア
  synonym Hemizygia floccosa Launert
15.Syncolostemon foliosus (S.Moore) D.F.Otieno - スワジランド、南アフリカ
  synonym Hemizygia foliosa S.Moore
16.Syncolostemon gerrardii (N.E.Br.) D.F.Otieno - 南アフリカ
  synonym Hemizygia gerrardii (N. E. Br.) Ashby
17.Syncolostemon incanus (Codd) D.F.Otieno - 南アフリカ(リンポポ州)
  synonym Hemizygia incana Codd
18.Syncolostemon latidens (N.E.Br.) Codd - 南アフリカ(クワズールー ナタール州)
  synonym Hemizygia latidens (N.E. Br) Ashby
19.Syncolostemon linearis (Benth.) D.F.Otieno - ジンバブエ
  synonym Hemizygia linearis (Benth.) Briq.
20.Syncolostemon macranthus (Gurke) Ashby - 南アフリカ
  synonym Hemizygia cooperi Briq.
21.Syncolostemon macrophyllus Gurke - 南アフリカ
  synonym Hemizygia macrophylla (Gurke) Codd
22.Syncolostemon madagascariensis (A.J.Paton & Hedge) D.F.Otieno - マダガスカル
  synonym Hemizygia madagascariensis A.J.Paton & Hedge
23.Syncolostemon modestus (Codd) D.F.Otieno - スワジランド、南アフリカ
  synonym Hemizygia modesta Codd
24.Syncolostemon namapaensis D.F.Otieno - モザンビーク、タンザニア
25.Syncolostemon obermeyerae (M.Ashby) D.F.Otieno -南アフリカ(リンポポ州)
  synonym Hemizygia obermeyerae Ashby
26.Syncolostemon oritrephes (Wild) D.F.Otieno - モザンビーク、 ジンバブエ
  synonym Hemizygia oritrephes Wild
27.Syncolostemon ornatus (S.Moore) D.F.Otieno - ジンバブエ
  synonym Hemizygia ornata S.Moore
28.Syncolostemon parviflorus E.Mey. ex Benth. - スワジランド、南アフリカ
29.Syncolostemon parvifolius (Codd) D.F.Otieno - 南アフリカ(リンポポ州)
  synonym Hemizygia parvifolia Codd
30.Syncolostemon persimilis (N.E.Br.) D.F.Otieno - 南アフリカ(リンポポ州)
  synonym Hemizygia persimilis (N.E.Br.) M.Ashby
31.Syncolostemon petiolatus (Ashby) D.F.Otieno - スワジランド、南アフリカ、モザンビーク
  synonym Hemizygia petiolata Ashby
32.Syncolostemon pretoriae (Gurke) D.F.Otieno - スワジランド、南アフリカ
  synonym Hemizygia pretoriae (Gurke) Ashby
33.Syncolostemon punctatus (Codd) D.F.Otieno - 南アフリカ(リンポポ州)
  synonym Hemizygia punctata Codd
34.Syncolostemon ramosus (Codd) D.F.Otieno - 南アフリカ(クワズールー ナタール州)
  synonym Hemizygia ramosa Codd
35.Syncolostemon ramulosus E.Mey. ex Benth. - 南アフリカ(クワズールー ナタール州、ケープ州)
36..Syncolostemon rehmannii (Gurke) D.F.Otieno - 南アフリカ(リンポポ州)
  synonym Hemizygia rehmannii (Gurke) Ashby
37.Syncolostemon rotundifolius E.Mey. ex Benth. -南アフリカ(クワズールー ナタール州、ケープ州)
38.Syncolostemon rugosifolius (M.Ashby) D.F.Otieno -南アフリカ(リンポポ州)
  synonym Hemizygia rugosifolia M.Ashby
39.Syncolostemon stalmansii (A.J.Paton & K.Balkwill) D.F.Otieno - 南アフリカ、スワジランド
  synonym Hemizygia stalmansii A.J.Paton & K.Balkwill
40.Syncolostemon stenophyllus (Gurke) D.F.Otieno - -南アフリカ(クワズールー ナタール州、ケープ州)
  synonym Hemizygia stenophylla (Gurke) Ashby
41.Syncolostemon subvelutinus (Gurke) D.F.Otieno - 南アフリカ(リンポポ州)
  synonym Hemizygia subvelutina (Gurke) Ashby
42.Syncolostemon teucriifolius (Hochst.) D.F.Otieno - モザンビーク、 ジンバブエ、南アフリカ
  synonym Hemizygia teucriifolia (Hochst.) Briq
43.Syncolostemon thorncroftii (N.E.Br.) D.F.Otieno - 南アフリカ(リンポポ州)
  synonym Hemizygia thorncroftii (N.E.Br.) Ashby
44.Syncolostemon transvaalensis (Schltr.) D.F.Otieno -南アフリカ(リンポポ州)
  synonym Hemizygia transvaalensis (Schltr.) Ashby
45..Syncolostemon welwitschii (Rolfe) D.F.Otieno - ナイジェリア、カメルーン、中央アフリカ、ザイール、タンザニア、ザンビア、アンゴラ
  synonym Hemizygia welwitschii (Rolfe) Ashby


 ヘミジギア属

  Family:  Lamiaceae - tribe Ocimeae- genus Hemizygia

 多年草、亜低木(多年性の柔らかな低木)又は茎が立ち上がる1年草、又は茎が多年性の木質の根茎から生じる。普通、芳香がある。葉は単 葉,無柄又は有柄、様々な毛と腺点があり、普通、歯状。花序は普通、頂生する総状花序、疎又は密、輪散花序に花が2~6個。苞は小さく頂部の苞は大きく、色のつく頂部の苞(coma bract)として宿存する。咢は不等の5歯(1/4)があり、2唇形、上唇の1個の咢歯が最も大きく、広卵形~類円形、筒部に沿下する。筒部は短い。下唇は4歯、錐状~刺状、まれにデルタ状披針形。花冠は強い2唇形、5裂片(4/1)、白色、ピンク色、紫色。花冠筒部は咢より長く、中間付近から切形の口部まで広がり、ときに口部で再びわずかに狭くなる。上唇は斜上し、中裂片は下唇より短く小さく、側裂片より長く、普通、切形。下唇は凹面、水平~反曲する。雄しべは4個、突き出る( H. pretoriaeでは上側の対が突き出ない。)。2強雄しべ、上側の対の雄しべは花冠筒部の中間付近又は下につき( H. gerrardiiでは中間の上)、花糸は離生、普通、下部に毛があり、たまに上部まである。下側の対の雄しべは花冠ののど部につき、花糸は長さの一部又は全体で合着(たまに、ほとんど分離)、無毛。花柱は突き出て、普通、小さく2裂、たまに棍棒形。花盤は4裂、前側の裂片が大きい。小堅果は卵形、平滑、背側に目立つ脈があり、粘るか又は粘らない。 2n = 28

【Codd (1976, 1985) のアフリカの28種】
 H. albiflora , H. bolusii , H. bracteosa , H. canescens , H. cinerea , H. elliottii , H. floccosa , H.  foliosa , H. gerrardii , H. incana , H. linearis , H. macrophylla , H. modesta , H. obermeyerae , H. parvifolia , H. persimilis , H. petiolata , H. petrensis , H. pretoriae , H. punctata , H. ramosa , H. rehmannii , H. rugosifolia , H. stenophylla , H. subvelutina , H. teucriifolia , H. thorncroftii , H. transvaalensis

 Hemizygia (Benth.) Briq.はシソ科(Labiatae= Lamiaceae)のtribe Ocimeaeに置かれた(Cantino et al. 1992, Paton 1998, Paton et al. 2004)。多年性の柔らかな低木(亜低木)又は1年草からなり、普通、乾いた岩の多い林地や草地に見られる。Ocimeaeの中でSyncolostemonと密接に関係する。両属は前側の雄しべが融合し、これがOcimeae中の他の属から分けられる共有派生形質(synapomorphy)と推測される(Paton 1998, Paton et al. 2004)。Hemizygia は初め、 Bentham (1848)によって、Ocimumの節として認識されていたが、後に、Briquet (1897)によって属に昇格された。 Ashby (1935) はHemizygiaに26種を認め、一方、Codd (1976, 1985) は南アフリカの属に28種を報告した。 Paton (1998) はインドからのH. comosa (Wright ex Benth.) A. J. Patonを加え、新しい組み合わせとした。 そしてPaton and Hedge (1999) は新種のマダガスカルのH. madagascariensis A. J. Paton&Hedgeを報告した。もう1つの南アフリカからの新種、 H. stalmansii A. J. Paton & K. Balkwillが Paton and Balkwill (2001). により解説された。これにより、H. welwitschii (Rolfe) Ashby(Ashby 1935)を含めて、全体で32種がHemizygia として確認された。
 その後、H. flabellifolia , H. cooperi , H. latidens , H. oritrephes , H. ornataが追加されている。
 Hemizygia bracteosa complexの変化( variation)と分類群(taxa)の認識は多変量解析手法を用いて検討された。形態学的な特性から197種がサンプルされた。判断するに、H. bracteosaと H. welwitschii は多数の花の特性がオーバーラップする。しかし、葉の特性と互いの形態的な相違を維持する習性が異なっている。そのため、種として支持されるものである。最近の Hemizygia属の取り扱いの中で同義語とされるHemizygia ornataは葉と花の相違に基づいてH. welwitschiiと異なり、種レベルでの取り扱いが提案される。H. linearisの概念は解析に使った分類群の他の全ての要素(種)から分けられる基準種の評価の上に修正される。後者の形はH. petrensisと H. canescens とともに一連のグループを形成し、それらに特異的な認識のいずれかを与える試みは否定され、それらは最も早い名の H. canescensの元に、同義語とされるべきである。 H. petiolatの種の境界は修正されるが、その種の状態は維持される。

 世界に約37種あり、主に南アフリカに分布し、サハラ以南のアフリカ(マダガスカルを含む)に数種、インドの1種が分布する。

【ヘミジギア属の種】37種
 H. albiflora , H. bolusii , H. bracteosa , H. canescens , H. cinerea , H. comosa , H. cooperi , H. elliottii , H. flabellifolia , H. floccosa , H. foliosa , H. gerrardii , H. incana , H. latidens , H. linearis , H. macrophylla , H. madagascariensis , H. modesta , H. obermeyerae , H. oritrephes , H. ornata , H. parvifolia , H. persimilis , H. petiolata , H. petrensis , H. pretoriae , H. punctata , H. ramosa , H. rehmannii , H. rugosifolia , H. stalmansii , H. stenophylla , H. subvelutina , H. teucriifolia , H. thorncroftii , H. transvaalensis , H. welwitschii

【ヘミジギア属とシンコロステモン属の分類】
Hemizygia属
 咢は2唇形、上唇は広卵形~類円形、普通、筒部に沿下する。下唇は4個の錐状~刺状の歯をもつ。
Syncolostemon属(狭義)
 咢はほぼ等しい5歯、上側の歯は最も大きければ、楕円形~広楕円形、沿下しない。下側の4歯はデルタ形~錐形。

 ヘミジギア属の主な種と園芸種

 1  Syncolostemon bracteosus (Benth.) D.F. Otieno   
   synonym Hemizygia obermeyerae M.Ashby 
   synonym Hemizygia junodii Briq.
 アフリカ原産。英名はPink mist bush , Soutpansberg sagebush , pink sagebush 。
 亜低木、不規則に分枝し、高さ(~0.7)1~1.5m。茎は4稜形、帯灰色の毛がある。枝は短く、星状綿毛がある。葉は対生、葉柄がある。葉柄は長さ6~12㎜。葉身は広卵形~卵状披針形、長さ3~6㎝×幅1.8~3㎝、類無毛、帯褐色、上面にしわがあり、下面にかなり密に灰色の綿毛があり、先は鈍形~円形、基部は切形~鈍形、縁には細かい円鋸歯状の歯がある。花序は普通、分枝し、かなり密、長さ8~18㎝×直径10㎝以下。花序軸には星状毛がある。先の苞は宿存性、モーブ・パープル色、卵形、鋭形、長さ10~15㎜×幅5~10㎜以下、まばらに短毛毛がある。輪散花序は花が6個つき、間隔が1~2㎝離れてつく。咢は長さ8㎜、腺のある小剛毛がある。上唇は卵形、長さ約2㎜、咢筒に沿下する。下唇は4歯、デルタ状錐形、最も下の対は最も長く、長さ約2㎜。花冠はモーブピンク色、長さ18~22㎜無毛。花冠筒部は長さ15~17㎜、口部は広くなり6~8㎜。上唇は小さな付属体であり、長さ1㎜。下唇は凹面、長さ4~6㎜、水平~わずかに反曲する。雄しべは下唇を超えて突き出て、上向きに巻く。上側の雄しべの対は花冠筒部の中間の下につき、基部に微軟毛がある。下側の雄しべの対は先まで1本に合着する。柱頭は2裂。

 2  Hemizygia hybrid ヘミジギアハイブリッド
品種) 'Candy Kisses'(オーストラリアで作られた斑入りハイブリッド30㎝以下) , 'Lemon Lime' , 'Pink Kiss' , シャンパンゴールド , 'Pink Sapphire'ピンクサファイア , ヘミジギアハイブリッド青葉 , ホワイトモス , マーブルキャンディ
※ ピンクサファイアは日本で作られた品種(2016年農林水産省品種登録 出願者浅野園芸 浅野寿晴)
  ヘミジギアハイブリッド青葉は(有)サザンガーデンの品種、農林水産省品種登録の標準品種。


 参考

1) Flora of Zimbabwe
  Syncolostemon bracteosus (Benth.) D.F. Otieno
 https://www.zimbabweflora.co.zw/speciesdata/species.php?species_id=150210
2) Hemizygia obermeyerae in Global Plants on JSTOR
 Hemizygia obermeyerae
  https://plants.jstor.org/compilation/hemizygia.obermeyerae
3) The South African species of Hemizygia (Lamiaceae) - Bothalia
 The South African species of Hemizygia (Lamiaceae)
 1367-3052-1-SM.pdf
4) A multivariate analysis of morphological variation in the Hemizygia bracteosa complex
  (Lamiaceae, Ocimeae)
 http://ucjeps.berkeley.edu/eflora/eflora_display.php?tid=36229
5) The genus Syncolostemon (Lamiaceae) - Bothalia
 The genus Syncolostemon (Lamiaceae)
 https://abcjournal.org/index.php/ABC/article/viewFile/1368/1327
6) Syncolostemon E.Mey. ex Benth. | Plants of the World Online | Kew ...
 Syncolostemon E.Mey. ex Benth.
 http://powo.science.kew.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:21255-1
7)Factsheet -Hemizygia (Benth.) Briq. - Kew Gardens
 Hemizygia (Benth.) Briq
 http://www1.kew.org/herbarium/keys/lamiales/key/Interactive%20ke
  y%20to%20the%20genera%20of%20Lamiaceae/Media/Html/Hemizygia_(Benth.)_Briq.htm
TOP Back