ヘディキウム  
[別名] シュクシャ(縮砂)、ハナシュクシャ(花縮砂)
[中国名] 姜花 jiang hua
[英名] ginger lily
[学名] Hedychium sp.
ショウガ科  Zingiberaceae  シュクシャ属
三河の植物観察
ヘディキウム花序
ヘディキウム花
ヘディキウム花2
ヘディキウム花3
ヘディキウム葉舌
ヘディキウム
ヘディキウム花序2
ヘディキウム葉
 ヘディキウムはショウガ科シュクシャ属の園芸品種の総称。ハナシュクシャHedychium coronarium (白花)、キバナシュクシャHedychium gardnerianum (レモンイエロー)、ベニバナシュクシャHedychium coccineum(赤色)などやそれらの交配種がよく栽培されている。
 ズク属のAmomum xanthioidesも漢方薬でシュクシャ縮砂と呼ばれるが、葉、花序、花、果実などが全く異なる。ヘディキウムが江戸時代に渡来したとき、漢方の縮砂の植物を知らず、シュクシャやニクイロシュクシャと名付けられたことが原因ではないかとされている。
 多年草、地上生又は着生、塊茎状の根茎をもつ。偽茎は直立、葉を2列に互生。葉舌は目立つ。葉身は普通、長楕円形~披針形。花序は頂生の穂状花序、密に多数の花がつく。苞は舟形、覆瓦状又は緩くつき、花が1又はそれ以上。小苞は筒形。咢は筒形、普通、片側に隙間があり、先は切形又は3歯。花冠筒部は長くて細い。花冠裂片は花時に反り返り、線形。側仮雄しべは花弁状、花冠裂片より大きい。唇弁は類円形、大きく、普通、先が2裂、爪部は長又は短。花糸は普通、長く、まれに欠く。葯は背着し、基部は開出。葯隔には付属体が無い。子房は3室、中軸胎座。蒴果は球形、3バルブ。種子は多数。仮種皮は裂ける。
[花期] 6~10月
[草丈] 1~2m
[生活型] 多年草
[生育場所] 栽培種
[分布] 帰化種  熱帯アジア原産
[撮影] 浜松市 18.8.30

 シュクシャ(ヘディキウム)属

 family Zingiberaceae - genus Hedychium

 多年草、地上生又は着生、塊茎状の根茎をもつ。偽茎は直立、葉を2列に互生。葉舌は目立つ。葉身は普通、長楕円形~披針形。花序は頂生の穂状花序、密に多数の花がつく。苞は舟形、覆瓦状又は緩くつき、花が1又はそれ以上。小苞は筒形。咢は筒形、普通、片側に隙間があり、先は切形又は3歯。花冠筒部は長くて細い。花冠裂片は花時に反り返り、線形。側仮雄しべは花弁状、花冠裂片より大きい。唇弁は類円形、大きく、普通、先が2裂、爪部は長又は短。花糸は普通、長く、まれに欠く。葯は背着し、基部は開出。葯隔には付属体が無い。子房は3室、中軸胎座。蒴果は球形、3バルブ。種子は多数。仮種皮は裂ける。
 世界に約50種があり、アフリカ(マダガスカル)、熱帯~温帯のアジアに分布する。 英名はginger lily。中国名は姜花属。

※ズク属のAmomum xanthioidesもシュクシャ縮砂と呼ばれる。
 シュクシャ属の主な種

 1  Hedychium coccineum Smith  ベニバナシュクシャ 紅花縮砂(ニクイロシュクシャ 肉色縮砂)
   synonym Hedychium carneum Roscoe
   synonym Hedychium coccineum var. carneum (Roscoe) Baker
 中国、インドネパール、ブータン、シッキム、スリランカ、ニャンマー、タイ原産。中国名は红姜花 hong jiang hua 。英名はorange gingerlily , scarlet gingerlily , orange bottlebrush ginger。
 偽茎は高さ1.5~2m。葉は無柄。葉舌は長さ1.2~2.5㎝。葉身は狭い線形、長さ25~50㎝×幅3~5㎝、無毛、基部は類円形又は漸尖形、先は尾状尖鋭形。穂状花序は円筒形、普通、密、無毛又はまばらに絨毛がある。苞は長楕円形、長さ3~3.5㎝、革質、まばらに毛があり、まれに無毛、花が3個、縁は内巻き又は平ら、先は鈍形又は鋭形。花は赤色。咢は長さ約2.5㎝、まばらに毛があり、とくに先の3歯に多い。花冠筒部は咢よりわずかに長い。花冠裂片は反り返り、線形、長さ約3㎝。側仮雄しべは披針形、長さ約2.3㎝。唇弁は円形、幅約2㎝又はむしろ小さく、先は深く2裂。花糸は長さ約5㎝。葯は長さ7~8㎜。子房には絹毛があり、長さ2.5~3㎜。蒴果は球形、直径約2㎝。種子は赤色。花期は6~8月。果期は10月。2 n = 68.。
品種) 'Disney' , 'Hungphung Stripe' , 'Khangkhui Tall Boy' , 'Khonoma Silver' , 'Longifolium' , 'Mishmi Form' , 'Orange Brush' , 'Shillong Ghost' , 'Tara'
1-1 Hedychium coccineum var. angustifolium
 現在では変種に分けないのが普通。 narrow leaf ginger。
品種) 'Peach'

 2  Hedychium coronarium J.Koenig  ハナシュクシャ 花縮砂 (シュクシャ 縮砂)
 中国、台湾、インド、ネパール、ラオス、ミャンマー原産。中国名は姜花 jiang hua 。英名はbutterfly-ginger , butterfly-lily , cinnamon-jasmine , garland-flowers , ginger-lily , white ginger-lily , white-ginger , white butterfly ginger lily。
 偽茎は高さ1~3m。葉は無柄。葉舌は長さ2~3㎝、膜質。葉身は長楕円状披針形~披針形、長さ20~40㎝×幅4.5~8㎝、下面は無毛、上面は微細な毛があるか又は薄い毛があり、基部は鋭形、先は長い尖鋭形。穂状花序は楕円形、長さ10~20㎝×幅4~8㎝。 苞は覆瓦状、卵形、長さ4.5~5㎝×幅2.5~4㎝、花が2~3個。花は白色、芳香がある。咢は長さ約4㎝、片側に隙間がある。花冠筒部は長さ約8㎝、細い。花冠裂片は披針形、長さ約5㎝、中央の裂片はへら形、先は微突形。側仮雄しべは長楕円状披針形、長さ約5㎝。唇弁は白色、基部が淡黄色、倒心形、長さ4~6㎝×幅4~6㎝、先は2裂。花糸は長さ約3㎝。葯は長さ約1.5㎝。子房には絹毛がある。花期は8~12月。2 n = 34。
品種)  'Andromeda' , 'Gold Spot' , 'Orange Spot'
2-1 Hedychium coronarium J.Koenig var. chrysoleucum (Hook.) Baker  ジンジャ(ジンジャー) 

 3  Hedychium densiflorum Wall.
 中国、インド、シッキム、ネパール、ブータン原産。中国名は密花姜花 mi hua jiang hua 。
 偽茎は高さ1~1.2m。葉舌は長さ約1㎝、先は鈍形、葉柄は長さ0~1㎝。葉身は長楕円状披針形、長さ12~35㎝×幅3~10㎝、無毛、基部は漸尖形、先は尾状。穂状花序は長さ10~18㎝×幅約3㎝、密。苞は長楕円形、長さ約2㎝花が1(~2)個。花は明るい黄色、小さい。咢は長さ約2.5㎝。花冠筒部は長さ2.5~3㎝、花冠裂片は反曲し、線形、長さ約1.5㎝。側仮雄しべは披針形、長さ約2㎝。唇弁は楔形、長さ約1.6㎝×幅約6㎜、先は深く、2裂。雄しべは唇弁より長い。葯は長さ約8㎜。花期は7月。品種) 'Assam Orange' , 'Kalimpong Gold' , 'Kalimpong Yellow' , 'Sorung' , 'Stephen' , 'Tara'

 4  Hedychium flavescens Carey ex Roscoe イエロージンジャー
   synonym Hedychium coronarium var. flavescens (Carey ex Roscoe) Baker
   synonym Hedychium emeiense Z. Y. Zhu
 インド、ネパール東原産。英名はyellow ginger , yellow ginger lily , cream ginger, awapuhi melemele(ハワイ) , geelgemmerlelie (アフリカ)。中国名は峨眉姜花 e mei jiang hua 。中国(四川省)、ベトナム、ハワイなどで野生化し、とくにハワイでは野生のものがよく見られる。
 偽茎は高さ1~2m。葉は無柄。葉鞘にはわずかに毛がある。葉舌は長さ3~5㎝、膜質。葉身は楕円状披針形~披針形、長さ20~50㎝×幅4~10㎝、下面には毛があり、葉の基部は漸尖形、縁は膜質、先は尾状尖鋭形。穂状花序は長楕円形、長さ15~20㎝×幅3~6㎝。苞は覆瓦状、長楕円形~卵形、長さ3~4.5㎝×幅2~4㎝、凹面、花が4~5個つく。小苞は筒形、膜質。花は黄色又は黄白色、芳香がある。咢は長さ3.5~4㎝、片側に隙間があり、先の縁は全縁。花冠筒部は長さ7~8.5㎝、細い。花冠裂片は線形、長さ3~3.5㎝。側仮雄しべは花冠裂片より幅が広い。唇弁は直立、クリームイエロー、基部のオレンj色のパッチがあり、倒心形、幅より長さが長く、先は2裂。花糸は唇弁とほぼ同長。子房には毛がある。柱頭は漏斗形、縁に毛がある。花期は7~9月。 2 n = 34.。

 5  Hedychium forrestii Diels
 中国、ラオス、タイ、ミャンマー、ベトナム原産。中国名は圆瓣姜花 yuan ban jiang hua 。
 偽茎は高さ1~1.5m。葉は無柄又は短柄。葉舌は長さ2.5~3.5㎝。葉身は長楕円系~披針形、長さ35~50㎝×幅5~10㎝、無毛、基部は狭く、先は尾状。穂状花序は円筒形、長さ20~30㎝、花序軸は有毛。苞は広~狭卵形、長さ4.5~6㎝×幅1.5~3㎝、軟毛があり、花が2~3個つき、縁は内曲する。花は白色、又は黄色、芳香がある。咢は苞より短い。花冠筒部は長さ4~4.5㎝。裂片は線形、長さ3.5~4㎝。側仮雄しべは長楕円形、長さ約3.5㎝位×幅約1.5㎝。唇弁は円形、幅約3㎝、先は2裂。花糸は3.5~4㎝。葯は長さ約1.2㎝。蒴果は卵状長楕円形、長さ約2㎝。花期は8~10月。果期は10~12月。
品種) 'Paksong'

 6  Hedychium gardnerianum Sheppard ex Ker Gawl.  キバナシュクシャ 黄花縮砂
 インド、ネパール、ブータン、原産。英名はginger-lily , kahili ginger-lily , kahili-ginger , yellow-ginger。中国名は金姜花 jin jiang hua。
 偽茎は高さ2m以下、生姜の香りがある。根茎は大きく、タロ芋に似ている。地表面に接し、長く、浅い根を出し、成長するとよく分枝し、深いベッドを作る。根茎片は長さ4㎝×幅10㎝、普通、1年生の茎を生じる。茎は長さ2m以下、直立し、柔らかく、分枝せず、基部に太く、短い、帯ピンク色の鞘をもつ。葉は互生し、長さ20~45㎝×葉10~15㎝、光沢があり、わずかに垂れ下がる。花序は高さ25~45㎝、多数の花がつく。花はレモンイエロー、赤色の雄しべが目立ち、芳香がある。果実は肉質の橙色、長さ15~20㎜、多数の明るい深紅色の種子を含む。
品種) 'Compactum' , 'Roscoe'

 7  Hedychium spicatum Buch.-Ham. ex Sm.  サンナ 山奈(三奈)
 中国、インド、ネパール、ブータン、ミャンマー原産。中国名は草果药 cao guo yao。英名はspiked ginger-lily
 偽茎は高さ約1m。葉は無柄又は短柄。葉舌は全縁、長さ1.5~2.5㎝、膜質。葉身は長楕円形~長楕円状披針形、長さ10~40㎝×幅3~10㎝、無毛又は下面の中脈にまばらに絨毛があり、基部は鋭形、先は尖鋭形。穂状花序は長さ20㎝以下、緩く少数又は密に多数の花がつく。苞は長楕円形、長さ2.5~3㎝、花が1個つく。花に芳香がある。咢は長さ2.5~3.5㎝、先には3歯があり、1側の上に切れ目が入る。花冠は淡黄色。花冠筒部は長さ8㎝以下、先はときに紫赤色になり、裂片は線形、長さ約2.5㎝、基部がときに紫赤色になる。側仮雄しべは白色又は黄色になり、ときに紫赤色、倒卵形、先は2裂。裂片は爪部があり、先は鋭形。唇弁は帯黄色、ときに紫赤色。花糸は淡帯赤色、唇弁より短い。蒴果は類球形、直径、1.5~2.5㎝、3バルブをもち、バルブに約6種子を含む。花期は6~10月。果期は10~11月。
品種)  'Himalayan Lipstick' , 'Huani' , 'Liberty' , 'Shirui Steps' , 'Tresco' , 'Troglodyte'

 8  Hedychium tengchongense Y. B. Luo,
 中国原産。中国名は腾冲姜花 teng chong jiang hua 。
 偽茎は高さ70~80㎝。葉舌は楕円形、長さ約1.5㎝、膜質、無毛、先は切形。葉柄は長さ約1.5㎝。葉身は長楕円形~狭長楕円形、長さ約40㎝×幅約10㎝、基部は漸尖形、先は尖鋭形。穂状花序は長さ約25㎝、密に花がつく。苞は狭長楕円形、長さ1.5~1.7㎝、花が1個つき、縁は巻き込み、先は円形。小苞は卵形、長さ約1㎝、先は円形。花は黄色。咢は長さ約2㎝、先には不明瞭な鈍い3歯がある。花冠筒部は細く、長さ約3.5㎝、裂片は線形。側仮雄しべは線形、長さ約3.5㎝、先は微突形。唇弁は長さ約3.5㎝、先が長さの約1/2、2裂し、裂片は線形。花糸は橙色、長さ約4.5㎝。葯は第dファイ色。長さ約8㎜。子房は長さ葯2㎝、無毛。柱頭は頭状。Stylodesは糸状。花期は7月。
品種) 'Trum Trom' , 'Y Ty'

 9  Hedychium yunnanense Gagnepain
 中国、ベトナム原産。中国名は滇姜花 dian jiang hua
 偽茎は丈夫。葉舌は長楕円形、全縁、長さ1.5~2.5㎝、膜質。葉身は卵状長楕円形~長楕円形、長さ20~40㎝×幅約10㎝、無毛、基部は葉柄に漸尖し、先は尾状。穂状花序は長さ20㎝以下。花は白色、淡黄色。苞は披針形、長さ1.5~2.5㎝、無毛、花が1個、縁は内巻き。咢は長さ1.7~2.8㎝、先は鈍い3歯、縁毛がある。花冠筒部は長さ3.5~5㎝、細い。裂片は線形、長さ2.5~3㎝。側仮雄しべは長楕円状線形、花冠裂片より、短くて広く、基部は狭い。唇弁は倒卵形、長さ約2㎝、先は長さの約1/2裂する。花糸は長さ3.5~4㎝。葯は長さ1~1.2㎝。子房は軟毛がある。柱頭は縁毛がある。蒴果は直径1.2~1.4㎝、3角(かど)があり、無毛。種子は多数、仮種皮は赤色、裂ける。花期は9月。
品種) 'Lago'

 10  Hedychium hybrid
(1) Hedychium 'Daniel Weeks' (H. flavescens × H. gardnerianum
(2) Hedychium 'Dr. Moy' ( H. flavum × H. coccineum )
(3) Hedychium coronarium × Hedychium thyrsiforme
(4) Hedychium × moorei (H. coccineum × H. gardnerianum)
品種)  'Devon Cream' , 'Kewense' , 'Raffillii' , 'Tara'(H. densiflorum )

 11  その他
品種) 'Anne Bishop' , 'Apricot' , 'Ayo' , 'Beni-oran' , 'Betty Ho' , 'Big Betty' , 'C.P. Raffill' , 'Carnival' , 'Clarkei' , 'Corelli' , 'Dave Case' , 'Doctor Moy' (v) , 'Double Eagle' , 'Elizabeth' , 'F.W. Moore' , 'Filigree' , 'Flaming Torch' , 'Gahili' , 'Giant Yellow' , 'Gold Flame' , 'Golden Butterfly' , 'Golden Glow' , 'Hardy Exotics 1' , 'Helen Dillon' , 'Kahili Ann' , 'Kahili White' ,'Kanogie' , 'Keneggy' , 'Kinkaku' , 'Kin-ogi' , 'Lemon Beauty' , 'Lemon Sherbet' , 'Luna Moth' , 'Maiko' , 'Moy Giant' , 'Mutant' , 'Nakasha Cho' , 'Nikasha-cho' , 'Orange Brush' , 'Orange Glow' , 'Oto-himi' , 'Palani' , 'Peach' , 'Peach Delight' , 'Pink Flame' , 'Pink Princess' , 'Pink Sparks' , 'Pink V' , 'Pradhan' , 'Samsheri' , 'Sherry Baby' , 'Shinseiku' , 'Slim's Orange' , 'St Martin's' , 'Tac Moto' , 'Tahitian Flame' (v) , 'Tai Emperor' , 'Tai Mammoth' , 'Tai Pink Princess' (Tai Series) , 'Tai Pink Profusion' , 'Tai Savannah' , 'Tamafuyo' , 'Tangerine' , 'Telstar 4' , 'Tropic Bird' , 'Twengwainran' , 'Vanilla Ice' (v) , 'White Starburst' , 'White Wings' , 'Yo Syo'


 日本への渡来

嘉永4年(1851年) シュクシャ:白花(花縮砂[宿砂] ガランガ、通称ジンジャー)本年渡来(新渡花葉図譜 乾17、50)
嘉永6年(1853年)ニクイロシュクシャ 肉色縮砂(ガランカ、良薑)本年渡来した(新渡花葉図譜 乾50)嘉永6年渡来、安政2年に初 めて開花。遠西舶上画譜にも記載あり。


 類似属 ズク属(アモムム属)

 family Zingiberaceae - genus Amomum
 
 根茎は這って広がる。偽茎は長い。葉鞘は長い。葉舌は全縁又は2裂。葉身は普通、長楕円状披針形~長楕円形~線形。花序は根茎から生じ、花が穂状花序~穂状花序状の総状花序~円錐花序に密につき、花序柄は短又は長。花序は鱗片状の鞘に覆瓦状に被われる。総苞は覆瓦状、宿存性、ときにすぐに崩壊する。小苞は普通、筒形。咢は普通、筒形、先には3歯がある。花冠筒部は円筒形。花冠裂片は長楕円形~線状長楕円形、中裂片は直立し、側裂片より普通、幅が広く、より凹面。側仮雄しべは錐形、小さく又は無。唇弁は目立ち、普通、黄色又は中央が橙色、赤色の脈や班紋をもつものもあり、しばしば縁が白色になり、普通、倒卵形、広い凹面。花糸はよく発達し、葯室は平行又は広がる。葯隔の付属体は葯の先を越えて広がり、全縁又は3裂。子房は3室。胚珠は各室に多数、重なる。花柱は糸状。柱頭は普通、漏斗形、小さく、縁毛がある。蒴果は不規則に裂開又は非裂開、平滑~刺状~翼がある。種子は長楕円形又は多角形。仮種皮は肉質又は膜質、先が避ける。
 世界に約150種があり、熱帯アジアやオーストラリアに分布する。

 ズク属(アモムム属)の主な種

 1  Amomum villosum Lour. 
 中国、インド、ミャンマー、カンボジア、ラオス、タイ、ベトナム原産。中国名は砂仁 sha ren
 高さ (1~)1.5~3m。根茎は地表を這い、褐色の鱗片状の鞘に被われる。葉は無柄、又はほぼ無柄。葉鞘は網状の伏した四角形。葉舌は半円形、長さ3~5㎜。葉身は披針形~線形、長さ25~35㎝×幅3~7㎝、無毛、基部は類円形、先は尾状。穂状花序は楕円形、花序柄があり、長さ4~8㎝、鱗片状の莢は褐色又は緑色、楕円形。苞は披針形、約長さ1.8㎝×幅5㎜、小苞は筒形、長さ約1㎝。咢は白色、長さ約1.7㎝、わずかに毛があり、先は3歯。花冠筒部は長さ約1.8㎝。花冠裂片は白色、倒卵j状長楕円形、長さ1.6~2㎝×幅5~7㎜。唇弁は白色、中脈が紫色を帯びた黄色になり、基部に2個の紫色の斑点があり、先は黄色、円状へら形、幅1.6~2㎝、中脈は凸面、基部は狭まり爪部になり、先は反り返り、2裂する。花糸は長さ5~6㎜。葯は長さ約6㎜。葯隔の付属体は3裂し、中裂片は半円形、約長さ3㎜×幅4㎜、側裂片は耳形。子房は白色の毛がある。蒴果は熟して新鮮なときは紫色~緑色~帯褐色、乾くと褐色、楕円形、長さ1.5~2㎝×幅1.2~2㎝、枝分かれする又は単純な柔らかい刺をもつ。種子は多数の角(かど)があり、強い芳香がある。花期は5~6月。果期は8~9月。
1-1 Amomum villosum var. villosum  ヨウシュンシャ 陽春砂
 中国原産。中国名は砂仁 sha ren、阳春砂 yáng chūn shā
 蒴果は熟して、新鮮だと紫色。花期は5~6月。果期は8~9月。 2 n = 48。
 種子は各室に6~15個。香りと味がよい。
1-2 Amomum villosum var. xanthioides (Wallich ex Baker) T. L. Wu & S. J. Chen シュクシャ 縮砂
   synonym Amomum xanthioides Wall.
 中国、インド、ミャンマー、カンボジア、ラオス、タイ、ベトナム原産。缩砂仁 suo sha ren 。
 蒴果は熟して新鮮だと緑色又は帯褐色。花期は5~6月。2n=48。
 果皮を除いた種子塊を縮砂と呼び、漢方薬用とする。


 参考

1) Flora of North America
  Hedychium
  http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=1&taxon_id=114823
2) Flora of China
  Hedychium
  http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=114823
3) GRIN
 Hedychium
 https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=5454
4) Pacific Bulb Society | Hedychium
 Hedychium
 https://www.pacificbulbsociety.org/pbswiki/index.php/Hedychium
TOP Back