ハスノハカズラ  蓮の葉葛
[別名] イヌツヅラフジ.
[中国名] 千斤藤 qian jin teng
[英名] snakevine, tapevine
[学名] Stephania japonica (Thunb.) Miers.
Stephania japonica (Thunb.) Miers. var. japonica
ツヅラフジ科 Menispermaceae  ハスノハカズラ属
三河の植物観察
ハスノハカズラの雌花序
ハスノハカズラの雄花序
ハスノハカズラの果期
ハスノハカズラの果実
ハスノハカズラの果実
ハスノハカズラの葉
ハスノハカズラ
ハスノハカズラ雄花
ハスノハカズラ種子
 渥美半島では普通に見られるが、他の地域では少なく、三河湾の海岸線に近いところに点在する。
 葉柄が葉の中央に近いところに楯状につき、ハスの葉に似ていることからハスノハカズラと名づけられている。
 全体に無毛。葉は互生し、長さ5~12㎝の三角状広卵形。葉柄は長さ3~12㎝。雌雄異株。淡黄緑色の小さい花が複散形花序に固まってつく。小花柄はほとんどない。雄花は長さ1~1.5㎜の萼片6~8個が2つの螺旋状につき、花弁は長さ0.5~1㎜、3~4個つく。雄しべは合着し、葯は円盤状になり、葯室は6個。雌花は雄花よりやや小さく、萼片3~4個、花弁3~4個。子房は卵形。果実は長さ6~8㎜のやや縦長の球形の核果、秋に橙色~次第に赤色になり熟す。核は長さ5~6㎜、下部を除いて、縁に約10個の隆起があり、中央部は凹む。
[花期] 7~8月
[果期] 10月
[樹高] 蔓性
[生活型] 常緑蔓性
[生育場所] 海岸に近い草原、林縁
[分布] 在来種 本州(東海道、近畿、中国)、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、インド、マレーシア、スリランカ、タイ、フィリピン、オーストラリア、太平洋諸島
[撮影] 伊良湖岬  03.7.21
TOP Back