ハリガネカズラ  針金葛
[英名] creeping snowberry
[学名] Gaultheria japonica (A.Gray) Sleumer
Chiogenes hispidula (L.) Torr. et A.Gray subsp. japonica (A.Gray) T.Shimizu
ツツジ科 Ericaceae  シラタマノキ属
三河の植物観察
ハリガネカズラの葉
ハリガネカズラの果実
ハリガネカズラ
 ハリガネカズラ属 Chiogenes に分類されることもある。
 茎はやや赤味を帯び、毛が生え、地を這い、先が立ち上がる。葉は互生し、長さ5~10㎜の倒卵状楕円形、革質。葉表は毛が散生し、葉裏は毛が多く、淡緑色。葉腋に白色の花をつける。花柄は短く、基部に2個の苞がある。花冠は長さ2㎜の鐘形、先が4裂し、反曲する。萼は4裂する。果実は萼が肥大して白色になり、長さ5~7㎜の広卵形。
[花期] 6~7月
[樹高] 地を這う(20~30㎝)
[生活型] 常緑小低木
[生育場所] 亜高山の針葉樹林下
[分布] 在来種(日本固有種) 本州(中部地方)
[撮影] 東館山高山植物園  05.7.31
TOP Back