ハリガネカズラ  針金葛
[英名] creeping snowberry
[学名] Gaultheria japonica (A.Gray) Sleumer
Gaultheria hispidula (L.) Bigel. var. japonica (A.Gray) Makino ex Airy Shaw
Chiogenes hispidula (L.) Torr. et A.Gray subsp. japonica (A.Gray) T.Shimizu
ツツジ科 Ericaceae  シラタマノキ属
三河の植物観察
ハリガネカズラの葉
ハリガネカズラの果実
ハリガネカズラ
 ハリガネカズラ属 Chiogenes に分類されることもある。亜高山の針葉樹林下に生える。
 常緑小低木。茎は地を這い、細長く、針金状、よく分枝し、やや赤色を帯び、剛毛があり、節から根を出し、先が斜上し、長さ20~30㎝。葉は互生し、短柄。葉身は長さ5~10㎜、幅3~6㎜、倒卵状楕円形、革質。葉表は剛毛が散生し、葉裏は伏した白色の剛毛が多く、淡緑色、葉先は尖鋭形。葉腋に白色の花を単生する。花柄は短く、基部に2個の小さな苞がある。咢は広鐘形、4裂する。花冠は長さ約2㎜の鐘形、先が4浅裂し、反曲する。雄しべは8個。果実は萼が肥大して白色になり、蒴果を包み、長さ5~7㎜の広卵形、熟すと食べられる。花期は6~7月。
[花期] 6~7月
[樹高] 地を這う(20~30㎝)
[生活型] 常緑小低木
[生育場所] 亜高山の針葉樹林下
[分布] 在来種(日本固有種) 本州(中部地方)
[撮影] 東館山高山植物園  05.7.31
TOP Back