ハンゴンソウ  反魂草
[英名] Aleutian ragwort
[中国名] 麻叶千里光 ma ye qian li guang
[学名] Senecio cannabifolius Less.
キク科 Asteraceae (Compositae)  キオン属
三河の植物観察
ハンゴンソウの花
ハンゴンソウの総苞
ハンゴンソウの耳
ハンゴンソウの葉
ハンゴンソウ
 中部地方以北の分布だが、三河にも自生する。
 和名は深く切れた葉の裂片が幽霊の手のように下に垂れ下がることから、魂を呼び戻す「反魂」と名づけられたといわれている。
 茎は直立し、高くなる。葉は互生し、長さ10~30㎝、幅4~15㎝、羽状に3~7深裂し、先端が尖る。葉柄の基部に小さな2個の耳状の突起がある。茎頂の散房花状に直径約2㎝の頭花を多数つける。舌状花は4~7(8~10)個。痩果は長さ3.5~4㎜、無毛。冠毛は長さ約6㎜、わら色。2n=40
 ヒトツバハンゴンソウ form. integrifolius は小型で葉が裂けず、葉柄の基部に小さな耳状の突起があることからミミキオンの別名がある。
[花期] 7~9月
[草丈] 1~2m
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の草地、湿地
[分布] 在来種 北海道、本州(中部地方以北)、東アジア温帯~寒帯
[撮影] 豊田市  07.9.2
TOP Back