ハナズオウ  花蘇芳
[中国名] 紫荆 zi jing
[英名] Chinese redbud
[学名] Cercis chinensis Bunge
マメ科  Fabaceae ハナズオウ属
三河の植物観察
ハナズオウの花
ハナズオウの花横
ハナズオウの萼
ハナズオウの若葉
ハナズオウの幹
ハナズオウ
ハナズオウの花序
ハナズオウ2

 梅や桜の開花時期に花が美しく、よく栽培されている。花や果実を見るとマメ科であることがすぐに分かる。
 樹皮や枝は灰白色。葉身は幼時、緑色、葉柄だけがわずかに紫色を帯び、近円形~三角状円形、長さ5~10㎝、幅とほぼ同長~幅よりやや長く、紙質、両面とも普通無毛又は葉裏の脈上に微軟毛 がある。葉の基部は浅い~深い心形、縁は膜状、新鮮時は透明、先は尖る。葉の展開前に花がつく。花は紫赤色~ピンク色~白色、長さ1~1.3㎝の蝶形花、古い枝又は幹に2~10個、房状につく。花柄は長さ3~9㎜、紫赤色。旗弁には濃紫色の縞がつく。子房は無毛又は密に微軟毛がある。胚珠は5~8個。豆果は帯緑色、成熟すると淡黄色になり、狭い長楕円形、長さ4~8㎝、幅1~1.2㎝、背部と腹部の)縫合線はほぼ等しく、翼は長さ1.5~2㎜、基部は長く細くなり、先は尖り、細くて曲がった嘴がある。果柄は2~4㎜。種子は2~4個入り、黒褐色、光沢があり、広惰円形、長さ5~6㎜、幅約4㎜。2n=14。
 シロバナハナズオウ form. leucantha は白花品種。
[花期] 3~4月
[果期] 8~10月
[樹高] 2~5(8)m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 山野の草地
[分布] 帰化種  中国原産
[撮影] 新城市 15.4.16
TOP Back