ハナイカダ  花筏
[中国名] 青荚叶 qing jia ye
[学名] Helwingia japonica FG.Dietr.
ハナイカダ科 Helwingiaceae  ハナイカダ属
ハナイカダの雄花
ハナイカダの葉脈
ハナイカダの雌花
ハナイカダの果実
ハナイカダ
ハナイカダ葉
ハナイカダ葉の毛状の鋸歯
 和名は葉の中央に小さな花がつき、葉の筏に乗っているように見えることに由来する。ミズキ科からハナイカダ科に分離された。
 葉は互生し、長さ3~16㎝、幅2~6㎝の広楕円形、先が尾状に尖り、縁には毛状の鋸歯がある。雌雄別株。直径約5㎜の淡緑色の花を中央付近の葉の主脈上につける。花から葉身の基部までの葉の主脈が太く、花柄が葉脈と合着したものである。雌花は1個、雄花は数個ずつつく。花弁は3~4個。果実は液果、種子が2~4個入り、秋に黒く熟す。
[花期] 5~6月
[樹高] 1~3m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 山地の林内、林縁、沢筋
[分布] 在来種 北海道(南部)、本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、ブータン、ミャンマー
[撮影] 豊田市  06.5.14(雄花)
豊橋市  15.5.1(雌花)
TOP Back