ハナハマセンブリ  花浜千振
[英名] slender centaury , lesser centaury
[学名] Centaurium tenuiflorum (Hoffmanns. et Link) Fritsch
Centaurium pulchellum auct. non (Sw.) Druce
リンドウ科 Gentianaceae  シマセンブリ属
三河の植物観察
ハナハマセンブリ花
ハナハマセンブリ花横
ハナハマセンブリ茎
ハナハマセンブリ茎の断面
ハナハマセンブリ根生葉
ハナハマセンブリ果実
ハナハマセンブリ
ハナハマセンブリ花序
ハナハマセンブリ葉
ハナハマセンブリ葉裏
ハナハマセンブリ種子
 根は分岐がすくなく白色。葉は対生し、倒卵形~卵状披針形、鋭頭、無柄。花期には根生葉は残っていることもあるが、普通、枯れ始める。茎は4稜形、稜に翼があり、中実。全体に無毛。花はピンク色、、中心部は白く、直径8~10㎜、長さ10~12㎜。花はほとんど無柄(2つの苞葉に接して包まれる)。花冠は5裂し、裂片の長さは3~4㎜。萼は長さ5~6㎜の筒状、先が深く5裂し、裂片は細く尖る。萼は花筒に接して付き、萼裂片の基部は花期にはわかりにくい。萼の長さ(裂片の先までの長さ))は花筒(長さ8~10㎜)の6割~8割程度の長さ。雄しべは5個、雌しべ1個、花冠よりやや突き出る。葯は花粉を出すときに螺旋状に捻じれる(属の特徴)。蒴果は萼とほぼ長さが同じ。
 類似のベニバナセンブリ Centaurium erythraea は茎葉よりかなり大きな根生葉が花期に普通、残る。葉先が鈍頭のことが多い。花冠裂片は長さが5㎜以上(5~7)㎜あり、萼も6~8㎜と長い。
[花期] 6~7月
[草丈] 20~50㎝
[生活型] 1又は2年草
[生育場所] 草地、空地、道端
[分布] 帰化種   地中海沿岸原産
[撮影] 蒲郡市形原町  11.6.21
TOP Back