ハマナタマメ  浜鉈豆
[中国名] 狭刀豆 xia dao dou
[英名] beach bean, bay bean
[学名] Canavalia lineata (Thunb.) DC.
マメ科 Fabaceae  ナタマメ属
三河の植物観察
ハマナタマメの花
ハマナタマメの豆果
ハマナタマメの熟した豆果
ハマナタマメの種子
ハマナタマメ
 暖地の海岸に生え、つる性で、よく伸びると5mにも広がる。葉は3小葉。小葉は長さ5~12㎝、革質で厚く、表面には少し光沢がある。クズの葉よりやや小さい程度。花は淡紅紫色で、総状に数個固まってつき、長さ約3㎝。豆果は太くて長さ5~10㎝あり、種子の数は2~5個。種子は楕円形で褐色になる。愛知県では伊良湖岬周辺でしか見られず、絶滅危惧種ⅠB類に指定されている。全国ではランク外。2007年は6月30日頃が咲き始めだった。
[花期] 6~8月
[草丈] つる性
[生活型] 多年草
[生育場所] 暖地の海岸
[分布] 在来種 在来種  本州(関東地方以西)、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、ベトナム、カンボジア、インドネシア、フィリピン
[撮影] 伊良湖岬  07.6.30
TOP Back