ハマナデシコ  浜撫子
[別名] フジナデシコ
[中国名] 日本石竹 ri ben shi zhu
[学名] Dianthus japonicus Thunb.
ナデシコ科 Caryophyllaceae   ナデシコ属
三河の植物観察
ハマナデシコの花
ハマナデシコ果実
ハマナデシコ熟した果実
ハマナデシコの葉
ハマナデシコ紅葉
ハマナデシコ
ハマナデシコ種子
ハマナデシコ紅葉
 栽培されていることも多く、栽培品の逸出も多い。中国でも栽培種となっている。
 茎は下部が木質化する。葉は対生し、長さ5~8㎝、幅1~2.5㎝で、厚くて光沢があり、対生する葉の基部が合着する。葉の縁に毛がある他は無毛。花は集散花序につき、直径約1.5㎝。花弁は5個、紅紫色、爪部は細長く、舷部は平開し、先が歯牙縁。萼は長さ1.5~2㎝の筒形、5歯があり、基部に3対の苞がある。花が終わる頃になると、きれいに紅葉することもある。蒴果は筒形で、先端が4裂する。種子は扁平、黒色、長さ約1.5㎜の広卵形、先が尖る。2n=30
[花期] 7~10月
[草丈] 15~50㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 海岸
[分布] 在来種 本州、四国、九州、沖縄、朝鮮
[撮影] 渥美町 貝ノ浜  12.7.9
TOP Back