ハマコウゾリナ  浜髪剃菜
[学名] Picris hieracioides L. subsp. japonica (Thunb.) Krylov form. maritima Sugim.
Picris hieracioides L. subsp. japonica (Thunb.) Krylov var. litoralis Kitam.
キク科 Asteraceae (Compositae)  コウゾリナ属
三河の植物観察
ハマコウゾリナの花
ハマコウゾリナの花
ハマコウゾリナの葉
ハマコウゾリナ
 コウゾリナの海岸型。愛知県は分布の西限にあたり、生育地が極めて少なく、絶滅危惧種ⅠBに指定されている。
 茎は根元でよく分枝し、あまり高くならない。茎や葉に短くて鋭い剛毛がある。葉は互生し、下部の葉は長さ12~20㎝の披針形~倒披針形、翼のある葉柄がつく。上部の葉は基部で茎を抱く。葉の縁には浅い歯牙状の鋸歯がある。花はコウゾリナよりやや小さく、直径約2㎝、秋に開花する。痩果は長さ3.5~4.5㎜の赤褐色。冠毛はやや褐色を帯び、羽状に枝分かれする。
 コウゾリナは直立して、高く伸び、花期が長く5~10月。花が直径2~2.5㎝とやや大きい。痩果も長さ約5㎜と大きい。
[花期] 10~11月
[草丈] 10~25㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 海岸の砂浜
[分布] 在来種(日本固有) 本州(関東地方南部~愛知県)
[撮影] 渥美町  04.11.23
TOP Back