ハマコンギク  浜紺菊
[別名] エノシマヨメナ
[学名] Aster microcephalus (Miq.) Franch. et Sav. var. littoricola (Kitam.) Nor.Tanaka
Aster ageratoides Turcz. var. ovatus (Franch. et Sav.) Nakai form. littoricola (Kitam.) Ohwi
キク科 Asteraceae (Compositae)  シオン属
三河の植物観察
ハマコンギクの花
ハマコンギクの総苞
ハマコンギクの葉
ハマコンギク
 ノコンギクの海岸型である。基準産地は江ノ島であり、エノシマヨメナとも呼ばれる。
 茎には毛が密生する。葉は卵円形、有毛、厚紙質、表面に光沢がある。近くにノコンギクも見られたが葉の厚さが全く違い、ここのものは花弁が20枚以上と多く、混同することはない。総苞は短毛に覆われ、総苞片は3列。冠毛はノコンギクと同じように長い。
[花期] 8~10月
[草丈] 50~100㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 海岸近くの草地
[分布] 在来種(日本固有種) 本州
[撮影] 渥美半島  06.11.1
TOP Back