ハマボウフウ  浜防風
[中国名] 珊瑚菜 shan hu cai
[英名] beach silvertop
[学名] Glehnia littoralis F.Schmidt ex Miq.
セリ科 Apiaceae (Unbelliferae)   ハマボウフウ属
三河の植物観察
ハマボウフウの花序(果期)
ハマボウフウの果実
ハマボウフウの小葉の表
ハマボウフウの葉裏の鋸歯
ハマボウフウ
ハマボウフウ春
 茎の上部、花序、葉柄には長い軟毛がある。葉は1~2回3出複葉。小葉は長さ1.5~6㎝の倒卵状楕円形、縁は軟骨質の不規則な浅い鋸歯縁、質が厚く、両面に光沢がある。茎頂の複散形花序に小さな花が固まって、密につく。花は白色の5弁花。果実は丸く固まってつき、長さ約10㎜の倒卵形、わずかに扁平、隆条はコルク質の厚い稜となり、細毛に覆われる。2n=22
[花期] 6~7月
[草丈] 5~30(50)㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 海岸の砂地
[分布] 在来種  日本全土、朝鮮、中国、台湾、ロシア、北アメリカ
[撮影] 豊橋市  02.6.8
TOP Back