ハクサンオミナエシ 白山女郎花
[別名] コキンレイカ  小金鈴花
[学名] Patrinia triloba (Miq.) Miq. var. triloba
スイカズラ科 Caprifoliaceae  オミナエシ属
三河の植物観察
ハクサンオミナエシの花序
ハクサンオミナエシの花
ハクサンオミナエシ葉
ハクサンオミナエシの葉
ハクサンオミナエシ
ハクサンオミナエシ花の距
 オミナエシ科はスイカズラ科に含められた。
 葉は対生し、長さ3~10㎝、幅3~10㎝、掌状に3~5中裂し、先が尖る。茎頂の集散花序に花冠の直径約5㎜の小さな黄色花を多数付ける。花冠の先は5裂し、基部にはスミレのような距がある。距は短く。やや膨らむ程度。
 キンレイカ var.palmata は本州(関東以西)、九州の太平洋側に分布し、距が長い。
[花期] 7~8月
[草丈] 20~60㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の岩場
[分布] 在来種(日本固有種) 本州(近畿以北)の日本海側
[撮影] 霧ケ峰高原  03.8.8
TOP Back