ハクサンイチゲ  白山一華
[学名] Anemone narcissiflora L. subsp. nipponica (Tamura) Kadota
Anemone narcissiflora L. var. nipponica Tamura
キンポウゲ科 Ranunculaceae  イチリンソウ属
ハクサンイチゲの花序
ハクサンイチゲの花
ハクサンイチゲ果実
ハクサンイチゲ果柄
ハクサンイチゲ葉
ハクサンイチゲ
ハクサンイチゲ花後
 中部地方以北の山で見られる代表的な高山植物。根生葉は1回3出複葉、細かく深裂して円形に見え、長柄がある。茎葉は無柄。茎頂の長い花柄の先にに2~6個の花がつく。花は直径2~3.5㎝、白い花弁のように見える萼片が5~7個つく。花柄は長さ2~12㎝、果時には伸び、8~15㎝になる。痩果は長さ6~8㎜の扁平な広惰円形、縁に翼があり、熟すと黒色になる。
 母種のvar. narcissiflora(Anemone fasciculata )はヨーロッパ、西アジアに分布する。
[花期] 6~8月
[草丈] 15~40㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 高山の草地
[分布] 在来種(日本固有種) 本州(中部地方以北)
[撮影] 千畳敷  06.8.8
TOP Back