ハグロソウ  葉黒草
[中国名] 九头狮子草 jiu tou shi zi cao .
[学名] Peristrophe japonica (Thunb.) Bremek. var. subrotunda (Matsuda) Murata et Terao
Peristrophe japonica (Thunb.) Bremek.
キツネノマゴ科 Acanthaceae  ハグロソウ属
三河の植物観察
ハグロソウメの花横
ハグロソウの花
ハグロソウの果実
ハグロソウの種子
ハグロソウの葉柄
ハグロソウの茎
ハグロソウ
ハグロソウの果実と種子
ハグロソウ葉表
ハグロソウ葉裏
 茎は4稜形、直立し、まばらに分枝し、短毛が散生する。葉柄は長さ0.5~1.5㎝。葉は対生し、長さ 2.5~5(13)㎝、幅1~ 2.5(4.5)㎝の披針形~卵状楕円形、質は薄く、暗緑色、全縁、側脈は3~5対。葉表はほぼ無毛、短毛がまばらにあり、葉裏の脈上に短毛がある。枝先や葉腋にそれぞれ1~4個の長さ0.7~5.5㎝の花柄を出し、先に2個の外総小苞片をつけ、中に1~3個の紅紫色の花をつける。2個の外総小苞片は大きさが異なり、大きい方は長さ1.1~2.5㎝、幅0.5~1.8㎝、小さい方は長さ8~17㎜、幅3~9㎜。それぞれの花の基部には内総小苞片2個がつき、長さ2~3㎜の線形。萼は内総小苞片に接してつき、長さ約4㎜、5深裂し、裂片は錐状、膜質。花冠は長さ2~3.4 ㎝の特徴のある2唇形、筒部は細く、長さ約1.5㎝、幅約1㎜。下唇は長さ8~15㎜、幅3~11㎜。上唇は3裂し、長さ 9~15㎜、幅4~7㎜とやや狭く、色がやや白い。上下唇の付け根に濃紫色の斑点がある。雄しべは2個、花糸は長さ約7㎜。花柱は長さ約2㎝、雄しべより上に伸びる。子房の基部に環状の花盤がある。果実は蒴果、2個の外総小苞片の間に隠れ、長さ0.8~1.2㎝、2室あり、種子が2個ずつ入り、熟すと2裂し、はじき飛ばす。種子は褐色、直径2~2.5㎜の薄い円盤形、表面が細かな疣状。2n=48
[花期] 7~10月
[草丈] 20~50㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の木陰
[分布] 在来種  本州(関東地方以西)、四国、九州、中国、台湾
[撮影] 新城市 14.7.16(花)
      14.9.23(果実)
TOP Back