ハアザミ  葉薊
[別名] アカンサス・モリス
[中国名] 虾蟆花 xia ma hua
[英名] bear's breeches , sea dock , bearsfoot , oyster plant
[学名] Acanthus mollis L.
キツネノマゴ科 Acanthaceae ハアザミ属
三河の植物観察
ハアザミの花序
ハアザミの花
ハアザミの花2
ハアザミ茎
ハアザミ
ハアザミ葉
 ハアザミ属(アカンサス属)の栽培種。ハアザミ属の中で最も多く栽培されているのがAcanthus mollisであり、和名はハアザミという。葉がアザミに似ているが、キツネノマゴ科に属し、花はアザミとは全く異なる。
 多年草、高さ30~80(~180)㎝、太い根がある。葉柄は普通、長さ(10)20~30(50)㎝、茎葉では長さ2~5㎝。根生葉はロゼットを作り、刺は無く、無毛、光沢のある暗緑色、長さ40~60㎝×幅20~30㎝、縁は深く又は歯状、分裂又は切れ込む。花茎はロゼットから直立し、高さ2m以下。花序は長さ30~40㎝、穂状花序、下から開花する。3個の苞が花を包むように下につく。苞は緑色又は帯紫色、中央の苞は刺があり、他の2個より大きい。咢はやや2唇形、外側の側咢片が不等長、上側の咢片は花冠の上側の唇として機能し、ヘルメット状、長さ約4㎝、下側の咢片は長さ約3㎝、紫色又は帯紫色を帯びる。花冠は拡大部が下唇に退化し、筒形、長さ4~5㎝、白色、脈が紫ピンク色、筒部は上部が太く、雄しべのつく点に上向きの毛の輪をもつ。雄しべは4個、小さなブラシのように見える。蒴果は長さ(2)3~4㎝、先が微突形、1又は2個の種子をもつ。種子は褐色、長さ約14㎜、幅8㎜。花期は5~8月。
 世界中で栽培され、多くの品種もある。オーストラリア、ニュージーランドなどで野生化している。
[花期] 5~8月
[草丈] 30~80(~180)㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 栽培種
[分布] 帰化種  地中海沿岸原産
[撮影] 浜松市 18.5.11

 ハアザミ属(アカンサス属)

 family Acanthaceae - genus Acanthus

 低木又は多年草、直立又は 傾伏、鍾乳体は無い。葉は対生(輪生又は基部に束生)、葉柄がある。葉身は全縁、羽状中裂又は刺のある歯状。花序は頂生又は腋生)、連続した穂状花序。苞は覆瓦状、、卵形、成熟すると大きくなり、縁は刺状。小苞は2個又はときに欠く。咢は4裂、後側と前側は大きく、側対はの裂片は小さい。花冠筒部はごく短く、角(つの)形。拡大部(舷部=limb)は1個の(下)唇になり(上唇はときに発育不全になり)、唇は長く、不明瞭に3裂する。雄しべは4個、対になり、花冠の頂部につき、突き出す。花糸は丈夫で、太く、骨状。葯は1葯室、葯室は線状長楕円形、普通、濃い髭があり、基部の付属体は無い。仮雄しべは無い。子房は室に2胚珠をもつ。花柱は星。柱頭は2裂。蒴果は柄が無く、楕円形、光沢があり、4種子を入れ、縫合線( retinacula)がある。種子は±扁平。
 世界に約20~25種があり、旧世界の熱帯、亜熱帯に分布する。


 ハアザミ属の主な種と園芸品種

 1  Acanthus ebracteatus Vahl  コバナミズヒイラギ
 中国、インド、ミャンマー、カンボジア、タイ、ベトナム、インドネシア、パプアニューギニア、オーストラリア、太平洋諸島原産。中国名は小花老鼠勒 xiao hua lao shu le 。英名はsea holly , holly mangrove
 低木、高さ1~3m。茎は円柱形、無毛、しばしば節に托葉状の刺をもつ。葉柄は長さ1~4㎝、無毛。葉身は長楕円形~倒卵状長楕円形、長さ5~12㎝×幅3~5㎝、硬く、類革質、無毛、2次脈は中脈の両側に3又は4本、刺のある歯まで伸び、基部は楔形、縁は3又は4個の歯があるか又は不規則に羽状中裂、先は切形~わずかに微筒形で鈍形。花序は頂生、穂状花序、長さ4㎝以下。苞は広暗系、長さ6~7㎜×幅4~5㎜。小苞は無い。咢は後側と前側の咢片が広卵形、長さ8~12㎜×幅5~9㎜、側咢片は楕円形、長さ約10㎜×幅4㎜。花冠は白色[青色~帯紫色]、長さ約2.5㎝。花冠筒部は基部が円筒形、幅約2.5㎜、長さ5~8㎜。唇弁は長さ約2.2㎝、裂片は長楕円形、外側は無毛、内側は伏毛がある。雄しべはほぼ等長。花糸は長さ約9㎜。葯は葯室が長楕円形、長さ約8㎜。縫合線(suture)の両側に毛状突起が線状にある。蒴果は長さ約1.8㎝。種子は黄色、約長さ10㎜×幅7㎜、しわがある。花期は4~5月。果期は8~9月。2n = 44。

 2  Acanthus hungaricus (Borbas) Baen.
   synonym Acanthus balcanicus Heywood & F.B.K.Richardson
 ルーマニア、ギリシャ原産。英名はHungarian Bear's-breeches。
 多年草、高さ90~120㎝、直立し、株立ちする。葉は根生し、成長中、長く残り、長さ60~90㎝、深裂し、光沢のある緑色。穂状花序は高さ90~120㎝。花は淡ピンク色~白色、刺のある赤紫色の苞に抱かれる。花期は6~7月。
 品種) 'White Lips'

 3  Acanthus ilicifolius L.  ムラサキミズヒイラギ
 中国、インド、インドネシア、スリランカ、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、カンボジア、タイ、ベトナム、パプアニューギニア、オーストラリア、太平洋諸島原産。中国名は老鼠簕 lao shu le 。英名はholly-leaved acanthus , sea holly , holy mangrove。
 低木、高さ2m以下。茎は丈夫、ほとんど分枝せず、無毛、しばしば、節に托葉状の刺をもつ。葉柄は長さ3~6㎜、太く、無毛。葉身は長楕円形~長楕円状披針形、長さ6~14㎝×幅2~5㎝、無毛、2次脈は中脈の各側に5~7本、基部は楔形、縁は羽状中裂、大きな刺が少しあり、鋸歯状又は類全縁、先は切形。穂状花序は頂生、長さ16.5㎝以下。苞は広卵形、長さ7~8㎜、早落性。小苞は卵形、長さ約5㎜、革質。咢は後側と前側の咢片が長さ1~1.3㎝、縁は薄膜質、ときに縮れ、先は凹形。側咢片は卵形、長さ約1㎝、全縁。花冠は白色[帯青色~帯ピンク色]、長さ3~4㎝。花冠筒部は長さ約6㎜。唇弁は倒卵形、長さ2.2~3㎝、薄い革質、外側は柔らかい毛状突起を持ち、先は3裂。雄しべは等長。花糸は長さ1.5㎝。葯室は縫合線の両側に毛状突起の線をもつ。花柱は長さ2.2㎝。蒴果は長さ2.5~3㎝。種子は薄黄色、腎形。花期は2~3月。果期は8~9月。2n = 44, 48.。

 4  Acanthus mollis L.  ハアザミ
   synonyms Acanthus longifolius Poir. ナガバハアザミ
   synonyms Acanthus hispanicus Loudon
   synonyms Acanthus spinosissimus Host
 ヨーロッパ(クロアチア、イタリア、フランス、スペイン、マルタ)、西アジア(シリア)、北アフリカ(アルジェリア、モロッコ、チュニジア)原産。英名はbear's breech , armed bear's breech , spiny bear's breeches 。中国名は虾蟆花 xia ma hua。オーストラリア、ニュージーランドなどで野生化している。
 多年草、高さ30~80(~180)㎝、太い根がある。葉柄は普通、長さ(10)20~30(50)㎝、茎葉では長さ2~5㎝。根生葉はロゼットを作り、刺は無く、無毛、光沢のある暗緑色、長さ40~60㎝×幅20~30㎝、縁は深く又は歯状、分裂又は切れ込む。花茎はロゼットから直立し、高さ2m以下。花序は長さ30~40㎝、穂状花序、下から開花する。3個の苞が花を包むように下につく。苞は緑色又は帯紫色、中央の苞は刺があり、他の2個より大きい。咢はやや2唇形、外側の側咢片が不等長、上側の咢片は花冠の上側の唇として機能し、ヘルメット状、長さ約4㎝、下側の咢片は長さ約3㎝、紫色又は帯紫色を帯びる。花冠は拡大部が下唇に退化し、筒形、長さ4~5㎝、白色、脈が紫ピンク色、筒部は上部が太く、雄しべのつく点に上向きの毛の輪をもつ。雄しべは4個、小さなブラシのように見える。蒴果は長さ(2)3~4㎝、先が微突形、1又は2個の種子をもつ。種子は褐色、長さ約14㎜、幅8㎜。花期は5~8月。
 品種) 'Feilding Gold' , 'Hollande du Nort' , 'Hollard's Gold' , 'Jefalba' , 'Long Spike' , 'Morning's Candle' , 'Niger' , 'Pride of Morvan' (v) , (Latifolius Group) 'Rue Ledan' , (Latifolius Group) 'Sjaak' , 'Summer Beauty'='Summerdance' , 'Tasmanian Angel' (v) , 'Treasure Island' (v) , 'Whitewater'

 5  Acanthus montanus (Nees) T.Anderson
   synonyms Acanthus barteri T.Anderson
 東部熱帯アフリカ原産。英名はmountain thistle。
 多年草、低木状、高さ1.2~1.8m。葉は卵形~披針形、長さ20㎝以下、深裂し、暗緑色、先は尖鋭形、刺がある。穂場花序は枝先につき、長さ25㎝以下。花は2唇形、キンギョソウに似て、ピンク色~ローズ色。花期は6~7月。
 品種) 'Crocodile'

 6  Acanthus spinosus L.  トゲハアザミ
   synonyms Acanthus spinosissimus Pers.
 地中海沿岸原産。英名はbear's breeches。
 多年草、株立ちする。葉は根生し、花時にも残り、長さ60~90㎝、深く切れ込み、アザミのような光沢のある緑色、裂片の先に硬い刺がある。花序は穂状花序、高さ90~120㎝。花はキンギョソウに似ていて、純白色、苞に抱かれる。苞は刺があり、赤紫色、花期は晩春~夏。
 品種) Ferguson's form , 'Phylis Moore' , 'Lady Moore' (v) , 'Royal Haughty' , Spinosissimus Group , 'Will o' the Wisp' (v)

 7  その他の品種
 Acanthus 'Candelabra' , 'Ben Hope'


 参考

1) Plant Finder - Missouri Botanical Garden
  Acanthus montanus
   http://www.missouribotanicalgarden.org/PlantFinder
    /PlantFinderDetails.aspx?kempercode=e151
  Acanthus hungaricus
   http://www.missouribotanicalgarden.org/PlantFinder
   /PlantFinderDetails.aspx?taxonid=241754
2) NEW SOUTH WALES FLORA ONLINE
  Acanthus mollis L.
  http://plantnet.rbgsyd.nsw.gov.au/cgi-bin/NSWfl.pl?page=nswfl&lvl=sp&name=Acanthus~mollis
3) Flora of China
 Acanthus
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=100149
4) GRIN
 Acanthus
 https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=61
TOP Back