ゴウダソウ  合田草
[別名] ルナリア・アンヌア、ギンセンソウ、ギンカソウ
[中国名] 诚实花 cheng shi hua
[英名] annual honesty , honesty , moneyplant , money plan
[学名] Lunaria annua L. 
アブラナ科  Brassicaceae   ゴウダソウ属
三河の植物観察
ゴウダソウの花序
ゴウダソウの花
ゴウダソウの咢
ゴウダソウ果実2
ゴウダソウの茎
ゴウダソウ
ゴウダソウ葉
ゴウダソウ果実
 ゴウダソウはアブラナ科ゴウダソウ属の栽培品種。いくつかの品種があり、花は紅紫色の他、白色もある。花はアブラナの花の形に似る。果実が銀色の薄いうちわ形で特徴があり、中央の隔壁が宿存性でドライフラワーとされる。日本でも野生化している。
 1年草又は2年草、高さ30~100㎝。茎、花柄、葉脈に毛がある。葉は大きく、葉柄がある。葉身は心形、不規則な歯状縁、先は短い尖鋭形。咢片は長さ6~9㎜、緑色、紫色で上部にわずかにいぼがある。花弁は長さ15~25㎜、爪部は咢の長さと同長。角果は長さ30~59㎜×幅20~30㎜、非常に大きく、卵状類円形、熟すと銀色。子房柄は長さ (3~) 5~15 (~20)㎜。花柱は長さ4~8㎜。種子は4~6個入り、長さ5~8㎜、腎形又は類円形。2n = 30、花期は4~5(~7)月。果期は7~8月。
品種) 'Alba' , 'Albovariegata'= 'Alba Variegata' , 'Atrococcinea' , 'Chedglow' , 'Corcyrensis' , 'Croftacre Purple Pod' , 'Corfu Blue'[AGM] , 'Cynthia' , 'Early Autumn' , 'Golden Spire' , 'Ken Aslet' , 'Luckington' , 'Lugbury' , 'Marlou's Revenge' , 'Munstead Purple' , 'Nettleton' , 'Pattern Pod' , 'Pennies in Bronze' , 'Purple Emperor' , 'Rosemary Verey' , 'Ruth' , 'Stella' , 'The Optimist' , 'Variegata' (v)
[花期] 4~5月
[樹高] 30~100㎝
[生活型] 2年草
[生育場所] 栽培種
[分布] 外来種  ヨーロッパ原産
[撮影] 浜松市 19.7.12

 ゴウダソウ属 

  family Brassicaceae - genus Lunaria

 2年草又は多年草、例外的に1年草、類無毛又は単純毛をもつ。葉は卵状心形、先は尖鋭形、歯状縁。下部の葉は長い葉柄をもち、上部の葉は類無柄又は短柄がある。花は総状花序羽につき、苞は無く、頂生又は腋生。咢片は直立、側咢片は基部で嚢状(sacciform )になる。花弁は倒卵形、開出し、長い爪部があり、紫色~青紫色(violet)~白色。雄しべはtetradynamo(雄しべ6本、4本が大きく、2本が小さい)。蜜腺は2個、側生、環状。子房は発達した子房柄(gynophore)をもつ。果実は両隔壁(latisepta:薄い膜状のさや)の短角果(silicula)、大きく、強く扁平、中央の隔膜は±宿存性、紙状で真珠光沢がある(papiraceo-nacarado)、バルブは平ら、細かい網状脈をもつ。花柱は糸状。発色団(carphophore)は発達する。花柄は長い。種子は多数ではなく、平ら、丸く、又は腎形、2列につき、離れ、翼がある。
 世界に4種があり、ヨーロッパ、西アジアに分布する。
 Lunaria annua , Lunaria elongata , Lunaria rediviva , Lunaria telekiana

 ゴウダソウ属の主な種と園芸品種

 1  Lunaria annua L.  ゴウダソウ 合田草(ルナリア・アンヌア)
   synonym Lunaria biennis Moench
 ヨーロッパ原産。英名はannual honesty , honesty , moneyplant , money plan
1年草又は2年草、高さ30~100㎝。葉は大きく、葉柄がある。葉身は心形、不規則な歯状縁、先は短い尖鋭形。咢片は長さ6~9㎜、緑色、紫色で上部にわずかにいぼがある。花弁は長さ15~25㎜、爪部は咢の長さと同長。角果は長さ30~59㎜×幅20~30㎜、非常に大きく、卵状類円形、熟すと銀色。子房柄は長さ (3~) 5~15 (~20)㎜。花柱は長さ4~8㎜。種子は4~6個入り、長さ5~8㎜、腎形又は類円形。2n = 30、花期は4~5(~7)月。果期は7~8月。果実はドライフラワーとされる。
品種) 'Alba' , 'Albovariegata'= 'Alba Variegata' , 'Atrococcinea' , 'Chedglow' , 'Corcyrensis' , 'Croftacre Purple Pod' , 'Corfu Blue'[AGM] , 'Cynthia' , 'Early Autumn' , 'Golden Spire' , 'Ken Aslet' , 'Luckington' , 'Lugbury' , 'Marlou's Revenge' , 'Munstead Purple' , 'Nettleton' , 'Pattern Pod' , 'Pennies in Bronze' , 'Purple Emperor' , 'Rosemary Verey' , 'Ruth' , 'Stella' , 'The Optimist' , 'Variegata' (v)

 2  Lunaria rediviva L. ルナリア・レディビバ 
 ヨーロッパ原産。英名はperennial honesty。ゴウダソウより植物体は大きくなり、花は小さく、芳香が強く、葉の縁の歯が鋭く、果実は細長い。
 多年草。高さ35~140(普通、60~90)㎝、根茎があり、群生し、茎は直立し、分枝する。葉は密集してつき、葉柄があり、長円状披針形、長さ20㎝以下、緑色で暗赤色を帯び、縁には±刺のある細歯がある。花は束生し、芳香があり、小さく、花弁は4個、淡ライラック色。咢片は長さ4.5~6㎜。花弁は長さ10~20㎜、紫色(violet.)。果実は銀色、長さ30~90㎜×幅12~38㎜、楕円状長円形、両端は鋭形。花柱は長さ2~5㎜。2n = 30 。花期は5~6月。果実はドライフラワーとされる。
品種)  'Partway White' (v)


 参考

1) Flora Vascular
  Lunaria
 https://www.floravascular.com/index.php?genero=Lunaria
2) Lunaria rediviva - Plant Finder - Missouri Botanical Garden
 Lunaria rediviva
 https://www.missouribotanicalgarden.org/PlantFinder/PlantFinderDetails.aspx?taxonid
 =278073&isprofile=0&
3) GRIN
  Lunaria
 https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=7033
TOP Back