ゴマギ  胡麻木
[別名] ゴマキ
[英名] Siebold's arrowwood
[学名] Viburnum sieboldii Miq.
レンプクソウ科 Caprifoliaceae  ガマズミ属
三河の植物観察
ゴマキの花序
ゴマキの花
ゴマキ熟してきた果実
ゴマキの葉
ゴマキの幹
ゴマキ
ゴマキ果実
ゴマキ葉表
ゴマキ葉裏
 幹は樹皮が褐灰色、古くなると粗い割れ目が入る。冬芽は2対つき、外側1対は早落性。葉痕は三角形~皿形。維管束痕は3個。若枝は緑色、白毛が密生し、後に褐灰色になる。葉柄は長さ5~20㎜、有毛、上面に広い溝がある。托葉は稀。葉は対生し、葉身は長さ6~15㎝、幅2~9㎝、長楕円形~倒卵形~稀に倒披針形、基部は楔形~円形、先は円頭~鈍頭、先端がときにごく短い尾状になる。葉縁は上部に明瞭な鋸歯があり、基部近く(基部から1/3~1/4))には無い。葉質はやや硬く、ごわごわし、脈は葉縁に達し、凹んで裏面に突き出し、側脈は6~12対。葉表は暗緑色、無毛。葉裏は淡緑色、脈上や脈腋に星状毛があり、毛の量には個体差がある。花序は枝先につき、長さ4~7㎝、幅6~14㎝の円錐花序、多数の花を密につける。花序の柄は長さ4~7㎝。花柄は軸に対生し、普通、有毛。萼は長さ0.7~1㎜、上部がわずかに5裂する。花冠は白色、高杯状、先が5深裂して平開し、直径7~9㎜、裂片は長さ2~3㎜の卵形、円端、筒部は長さ約.5㎜。苞は長さ1~3㎜の卵状被針形。雄しべは5個、花冠から突き出る。花糸は長さ3~4㎜。葯は長さ1.3~1.5㎜の楕円形。雌しべは1個、柱頭はほぼ無柄。子房は長さ2.5~3㎜の長楕円形。果実は核果、長さ8~10㎜の楕円形、種子が1個入り、熟し始めると赤色になり、熟すと黒色になる。核は長さ7~8㎜の卵状楕円形、腹側に深い縦溝が1個ある。
[花期] 4~6月
[果期] 8~10月
[樹高] 2~7m
[生活型] 落葉高木
[生育場所] 沿海地の林内
[分布] 在来種(日本固有種)  本州(関東地方以西)太平洋岸、九州、沖縄
[撮影] 豊橋市(植栽)   15.4.21(花)
            16.8.4(果実)
TOP Back