ゴマ  胡麻
[中国名] 芝麻 zhi ma
[英名] sesame
[学名] Sesamum indicum L.
ゴマ科 Pedaliaceae  ゴマ属
ゴマの花
ゴマの花横
ゴマの茎=
ゴマの根元=
ゴマ栽培品種の果実=
ゴマ
ゴマ葉
ゴマ栽培品種の葉
ゴマ栽培品種の基部の葉
 国道の約2kmの区間にわたって、中央分離帯などのアスファルトのすきまに点々と生えていた。その近くにゴマ畑はない。ゴマの栽培では、5~6月に播種し、夏の終わりに収穫するのが普通だが、道端では花が9月中旬以降である。
 葉は対生し、柄があり、長楕円形~広惰円形が多いが、切れ込みがあるなど葉の形には変化が多い。道路脇で見られるものは、上部の葉が全縁であり、下部の葉が長柄につき、3小葉で、不規則な鋸歯がある。花は葉脇につき、短い花柄があり、長さ約2.5㎝の白色~淡紅色の長いスズ型。茎は丸みを帯びた4稜形。花柄の基部に2個の黄色の密腺がある。果実は蒴果。2n=26
[花期] 7~10月
[草丈] 60~120㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 栽培種、道端
[分布] 帰化種  インド、エジプト原産
[撮影] 蒲郡市    10.9.26
TOP Back